未来の子どもたちに安全・安心な地球を残したい

    NPO法人 小平・環境の会


生ごみは宝

LINEで送る

報告・出前講座】知っていますか? 私たちのまちの「ごみ処理施設」が次々に新築・建て替えされます


2月18日(木)午後、中央公民館で当会が企画した上記の出前講座(講師;小平・村山・大和衛生組合計画課木村課長、片山参事)が行われました。参加者24名。

 ☆ 講師からはパワーポイントを使って約1時間以下の説明がありました。
(1) 3市共同資源物処理施設整備実施計画(2019年度稼働)
  予定地;介護施設に隣接し近くにマンションが林立する東大和市暫定リサイクル施設を解体した跡地(約4,300平方
     メートル)を利用。
  対象品目;当初、容器包装プラスチック(以下、容リプラ)、ペットボトル、びん、缶、乾電池、螢光管の6品目だ
     ったが、敷地が狭いことや地域住民の理解が得られないことなどから容リプラとペットボトルの2品目に減ら
     された。
  計画処理量;容リプラ 3,776 t/年、ペットボトル1,005 t/年
  施設規模;容リプラ 17 t/日、ペットボトル 6 t/日 合計23 t/日
  プラザ機能;再生家具等の展示や環境学習機能などを備える。
  整備事業費;18億7900万円      建築面積;約2,500平方メートル
  維持管理;長期包括契約によるとし、維持管理費は公表されていない。

 註;他に小平市リサイクルセンター(敷地;約11,500㎡)の建替えがある。2019年度稼働。
  処理対象品目;びん、缶、白色トレー、紙パック、スプレー缶、電池、螢光管など。

  整備事業費:16億7,000万円 運営費;年に1億2,800万円~1億7,300万円。
  建築面積;約2,200平方メートル      

(2) 不燃・粗大ごみ処理施設整備基本計画(2020年度稼働)
  予定地;小平・村山・大和衛生組合(以下、小村大)に隣接する小平市清掃事務所を解体し、跡地(約3,700平方
      メートル)を利用。
  計画処理量;不燃ごみ 5,735 t/年、粗大ごみ 1,437 t/年 合計 7,172 t/年
  施設規模;不燃ごみ 26.6 t/日、粗大ごみ 6,6 t/日 合計 33,2 t/日 *現在の施設規模;75 t/日
  整備費;27億8,300万円、うち1/3は国の交付金を予定。   

(3) 今後の施設整備のあり方について(報告書)・・・焼却施設更新(2025年度稼働)についての小村大の考え方
  予定地;小村大の4,5号ごみ焼却施設と粗大ごみ処理施設を解体し、跡地に新しい施設を整備する。
  処理方式;全連続燃焼方式(ストーカ方式または流動床方式)
  施設規模; 243 t/日。 *現在は3炉で360 t/日。

 註;4、5号ごみ焼却施設の解体後、3号ごみ焼却施設のみの稼働となり、その能力135 t/日を超える量は他の自治体
  の焼却施設で燃やしてもらう必要がある。(約4年間)

  整備事業費;未公表だが、建設費をトンあたり7,000万円と仮定すると約170億円。
      それに現在の3炉の解体・撤去費と上記の他の自治体への委託費がかかる。

 説明の後、参加者からの質疑応答に入りましたが、対象となっている施設が3つあり充分な討議をするには時間が足りませんでした。

☆ ハード面(施設)よりソフト面(ごみ減量施策)を重視すべきでは?
 この質問に対しては、「資源化に取り組むし、分別基準が3市まちまちなのを統一する」との回答でした。会場から、小村大が小平市、武蔵村山市に対し、有料化の早期実施を要請したらとの声もあった。
 実は、出前講座のあと、参加者に感想を聞くアンケートを実施して6人の方から回答がありました。
そのなかからいくつか紹介すると、ソフト面の充実について、次のような記述がありました。
・Aさん 新しい施設は分別がもっと徹底できるのか懸念がある。焼却施設の規模243t(日量)とのことで、その根拠が現状の推定ごみ量で、実際のごみ量は減ると思われるが、どうか。
・Bさん 施設だけでなく、三市のごみ、リサイクル、環境を中心とした行政姿勢のあり方の問題を痛感した。
・Cさん 関心の薄い市民の心を動かす取り組みが不足していると思う。
・Dさん ごみ焼却処理能力は[ごみ質]×[ごみ量]が基本です。ごみ焼却処理の経済的、環境的、エネルギー面の経済運転に必要なのは、ごみ種類の統一化、ごみ質の均一化、ごみ量の定量化であり、この点が最重要で、小村大のリーダーシップが望まれます。

☆ 市民や住民との合意形成をどのように進めるか?
 上記(3)の報告書のなかで施設更新の課題として、市民や住民との合意形成が揚げられ、合意形成の要素として、①必要性 ②処理システム ③施設用地 ④施設規模 ⑤施設機能 ⑥公害防止機能 ⑦地域還元 があげられている。
ところが、これらの計画や報告ができた経過から考えると、実際にはそれらがいきなりポンと出されて、市民が面喰ったというのが実態と言えます。果して、小村大は市民や住民との合意形成を真剣に考えているのか疑問なのです。
アンケートにもこの点の指摘がありました。
・Aさん 行政が決めたことを市民に説明し、理解を求めるだけで、いっしょに検討していくという姿勢が見られなかったのが残念です。
・Cさん もっと市民の底力を信じて関心を持たせる工夫をすれば、協力者も増えると思う。
・Eさん 三市の共同施設に各市の市民の意見が揃わないのでは、設計上も支障が出るので、三市市民の意見集約が必要では?施設近辺の人の切実な意見を直接聞くことも重要では?
・Fさん (1)、(2)の計画は組合議会で審議されず、全員協議会で説明されただけ。組合議会で審議すべきでないのか?小村大策定の「ごみ処理事業基本計画」も組合議会に諮られていない。小村大にも各市のごみ審(廃棄物減量等推進審議会)に相当する審議会を設けるべきでないのか?

☆ 新しい焼却施設は発電ができるのか?
 (3)の報告書のなかには、新しい焼却施設は発電ができるかについて全く言及がありません。その点へ質問が集まり、一気に議論が白熱化しました。高効率発電(施設規模によって異なり発電効率20%前後以上)が可能なら、国からの交付金が1/2になるが、低効率の発電しかできないと1/3になる。更新施設では生ごみを焼却処理するので高効率発電にするのは難しく、1/3になるということであった。

☆ 一部事務組合の問題点
 小村大は一部事務組合です。市単独で運営している場合と異なり、一部事務組合の運営は実態が見えにくいという欠点があります。(上記、Fさんの指摘参照)それに扱うものがごみとなると、市民も知らないですめばその方がベターという態度になります。小村大には積極的な情報公開と市民に分かりやすい問題点の提起と話し合いを求めたいと思います。                      (髙梨孝輔)

東電にサヨウナラ、新電力にコンニチハ!?


 3.11後、多摩地域の有志数人で電力改革プロジェクトを立ち上げ、電力自由化の暁には東電以外のエコな電気を買うことで、原発を存続させるシステムを崩そうと講演会開催などの活動をしてきた。しかし、来月から一般家庭にも電力自由化が到来するのに、「エコな電気」を買おうとするとその選択肢はかなり限られる。
 たとえばパワーシフト・キャンペーンは、推奨する電力会社の条件として「再エネからの調達を中心とすること」の他に、「電源構成や環境負荷などの情報開示」「原発や石炭火力からの調達をしないこと」「大手電力と資本関係がないこと」などを挙げている。そうすると、東電と提携するソフトバンク電気はアウトだし、大規模石炭火発を計画している東京ガスにも疑問符がつく。
 パワーシフトのHPでは3月23日現在12社の電力会社を紹介しているが、そのうち東京の会社ですぐに申し込めるのはLooopでんき(0120-707-454)と、みんな電力(03-6805-4624)ぐらいだ。両方とも1、2ヶ月後に供給可能だが、供給量には限度がありそうなので、私も慌ててHPでみんな電力に申し込んだ。なお、生活クラブエナジーは生協組合員限定で、申込多数で3倍の抽選になったとのこと。
 知人が関わっているエナジーグリーンを始め、事業開始が今秋や来春にずれ込む新電力が多いのは、再エネが圧倒的に足りないからだ。その根本原因は「2030年の原発比率を再エネと同等の2割とする」現政権の方針にあり、最近まで電力小売に関するルールをごちゃごちゃと変更してきたことも新電力のビジネスを阻害してきた。
 友人は東電と一刻も早く手を切りたいと、東京ガスに切り替えたが、1年経てば他の電力会社に切り替えることも可能と確認している。みんな電力はそのような縛りもないという。しばらく様子見もありと思うが、CMで「意気地なし!」と挑発されたからでもなく、「安くなる!」に飛びつくでもなく、再エネ拡大、地産地消をめざす新電力を応援するために、原発再稼働に固執する東電を懲らしめるために、契約変更を検討してみてはどうでしょう? まずはパワーシフト・キャンペンのHPをのぞいてみてください(http://power-shift.org/)。自然エネルギーの電力会社を応援する「パワーシフト宣言」をした人は3200名に達しましたが、4月までに1万が目標、まだの方はぜひ登録を。私たちは「脱原発」が欲しい! 消費者としての力をフルに発揮するチャンスです。(深澤)
 

年4回会報「環音(わおん)」発行しています。 

2016年3月29日『わおん』No.76を発行しました。
<内容>
・報告・出前講座「3つのごみ処理施設の整備」 
・斑鳩町のゼロウェイスト
・忘れない3.11展報告/放射能測定結果 
・都市農地活用実践ゼミ報告
・福島自主避難 住宅支援打ち切り
・コラム「東電にサヨウナラ、新電力にコンニチハ!?」/編集後記

*訂正とお詫び
 印刷ミスにより75号「小平3・3・3号線計画について」の筆者名が欠落しました。
 寄稿してくださった「小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会」の神尾直志さんはじめ読者の皆様にお詫びして訂正させていただきます。

店舗情報

店舗名     NPO法人 小平・環境の会(こだいら・かんきょうのかい)
住所 小平市
TEL 島  042-332-2647
深澤 042-341-7524
Eメール
ホームページ http:// www.kodaira-net.jp/kd80000029/
定休日 適宜
活動時間 月1回理事会 小平中央公民館にて
その他、畑の活動、会報「環音(わおん)」発行、学習会等
近況 ダンボールコンポストやEMバケツによる生ごみ堆肥作りを広めています。
メンバーが菜の花プロジェクトに関わっています。
小平・環境の会は 1995年に、発足しました。
日の出の森のドキュメンタリー映画「水からの速達」上映実行委員会のメンバー有志が「環境を考える市民の会」を設立。
2003年に「小平・環境の会」に改名しました。
2004年NPO法人格を取得しました。