青少年委員は、青少年の健やかな成長を願い、青少年活動を支援する地域の有志で、教育委員会から委嘱を受けています。青少年委員会は、会長・副会長・総務の三役と、「子ども育成部会」及び「企画・広報部会」の2部会体制で活動を行っています。 主に教育委員会の事業への協力のほか、地域の団体からの要請に応じて、団体活動を促進するための実技指導、関係機関との連絡調整などの活動を行っています。

小 平 市 青 少 年 委 員 会 


小平市青少年委員会の活動 ◆教育委員会が主催する事業  「青少年リーダー養成講座」の企画・運営、指導 、「姉妹都市 小平町との少年少女交歓交流事業」の生活指導、「青少年音楽祭」の企画・運営  ◆地域と関わる事業 各地区の青少対や子ども会から依頼を受けて「出前遊び講座」等を開催 ◆自主事業 青少年委員会が企画立案、運営する事業を開催  お問い合わせは、小平市教育委員会教育部 地域学習支援課 042(346)9834 まで。

LINEで送る

平成30年度 青少年委員宿泊研修

この紹介文の画像

日  時  5月19日(土)~20日(日)
場  所  神奈川県立藤野芸術の家
参加人数  16名(青少年委員11名 講師1名 事務局4名)

私達青少年委員は、二年任期の一年目に、一泊二日の宿泊研修を行っています。
今期の研修場所は、山と緑に囲まれた神奈川県立藤野芸術の家にて開催。講師に千葉YMCAの 漆原 隆二 先生を迎えて、「レクリエーション・キャンプ指導の基本」と「青少年委員とは」という内容で講義いただきました。

初日の講義は、自己紹介の仕方から始まり、レクリエーション・キャンプを計画する上での目的、指導者のあり方、場所の選定、対象者の把握といった、実施者の心構えの基本を改めて認識できる講義でした。
二日目の講義は、青少年委員として、自分に出来ることは何か?やってみたいことは何か?子どもたちに難題を聞かれた時にどう答えるか?などの内容を各委員が考え、グループに分かれて意見をまとめあげる内容でした。
青少年委員活動の心得として、「良い意味で力を抜いて活動」「できないこともある」「厳選していくことが長く続ける秘訣」「優れた素人でいること」「回を重ねて自分の小さな願いを叶えていってほしい」「必ず次がある」「活動は子どもの心に種を蒔くようなもの、すぐに結果は出ない、それも結果のひとつ」、これらの言葉で、漆原先生による二日間の講義が終了いたしました。

第30回 小平市青少年音楽祭 出演者募集

この紹介文の画像

(開 催 日) 10月14日(日)
(開催場所) ルネこだいら大ホール
(募 集 数) 20組
(主  催) 小平市教育委員会 
(企画運営) 小平市青少年委員会
(協  力) 小平青少年吹奏楽団
(応募資格)
・小平市にかかわりのある小学生以上の青少年であること
・音楽祭当日は、どの時間帯でも出演できること
・事前に行う2回の代表者会議に出席できること
・他の出演者の発表を観賞できること
・午前の部、または午後の部の終了時の全員合唱に出演できること

(演奏形態) ジャンルは問いません (カラオケによる伴奏は不可)
(演奏時間) 原則12分以内 (登場から退場まで)
(参 加 費) 無 料
(申 込 み) 6月29日(金)までに問合せ先へ (応募多数の場合は抽選)

お問い合わせ  地域学習支援課 042(346)9834

平成30年度 新委員紹介

この紹介文の画像

【大濵委員】
今年度より、九小地区の青少年委員を務めさせていただきます大濵清美と申します。
小学校、中学校のPTA活動を通じ、子ども達を育む環境に対して学校や地域の皆様から多大なご協力をいただいていることを実感し、多くのことを学ばせていただきました。時代の流れとともに、変わりゆく価値観やライフスタイルの変化、子ども達の育つ環境も変わってきている中で“人と人がつながる大切さ”を実感できるよう、笑顔あふれる活動をしていきたいと思っております。
穏やかな日常を送る中に、たくさんの支えてくれる人がいるということに深く感謝するとともに、微力ではございますが、お手伝い出来ることがあれば幸いです。どうぞよろしくお願い申しあげます。

【今井委員】
小平市民になり今年の8月で20年が経ちます。今井啓介と申します。
子どもがいない為、地域の皆様との結び付きを絶やさぬよう、お誘い頂ける役割はなるべく積極的に挑戦させて頂いてきました。
法人会・商工会・青年会議所を通じて、青少年健全育成事業等に関わらせて頂いた経験もございます。同じように子ども達と定期的な関わりを持ちながら共に事業を作り上げていく青少年委員という立場は、私にとってとても魅力的な学びの機会になると感謝申し上げます。
大人や子どもという視点ではなく、同じ人間同士として知識や経験を伝え合える関係を築いていきたいと考えております。
拙い経験値ではございますが、方向性を逸脱せぬよう諸先輩方の背中を見ながら、自己のカラーを出していけるよう努力します。
何卒宜しくお願いいたします。


---------------------------------------------------------------------------------

■今後の活動予定■



■指導・協力依頼■

9月9日(日)  「たいようセンターまつり 子ども広場」 手作りおもちゃ、バルーンアート


■青少対関連■

7月21日(土) 一小青少対 「納涼祭」
7月21日(土) 三小青少対 「防災体験会」
7月21日(土) 十小青少対 「灯ろう作り」
7月21日(土) 十三小青少対 「わくわく体験」
7月21日(土) 鈴木小青少対 「古代デーキャンプ」
7月21日(土)~22日(日) 十一小青少対 「子どもキャンプ」




■平成30年度 小平市青少年委員 担当校■

小平第一小(山田 宣章)   小平第二小(小川 寛紀)   小平第三小(大谷 幸夫)
小平第四小(加藤 恵)    小平第四小(山田 身知子)  小平第五小(飯野 英雄)   
小平第六小(橋本 よし江)   小平第七小(内堀 祐夫)   小平第八小(尾形 一輝)  
小平第九小(千田 憲一郎)  小平第九小(大濱 清美)   小平第十小(今村 泰子)   
小平第十小(富永 義徳)   小平第十一小(小寺 浩子)  小平第十二小(田畑 多賀子) 
小平第十三小(髙橋 政美)  小平第十四小(岩本 貢一)  小平第十五小(青木 隆幸)  
花小金井小(松浦 竹美)   鈴木小(金津 幸子)     学園東小(和久井 茂文)   
上宿小(今井 啓介)

店舗情報

店舗名 小 平 市 青 少 年 委 員 会 (こだいらし せいしょうねん いいんかい)
住所 小平市小川町2-1333 小平市教育委員会教育部 地域学習支援課
TEL 042(346)9574
FAX 042(346)9578
Eメール
ホームページ http://www.city.kodaira.tokyo.jp/index.html
交通アクセス 西武多摩湖線青梅街道駅から徒歩5分