青少年委員は、青少年の健やかな成長を願い、青少年活動を支援する地域の有志で、教育委員会から委嘱を受けています。青少年委員会は、会長・副会長・総務の三役と、「子ども育成部会」及び「企画・広報部会」の2部会体制で活動を行っています。 主に教育委員会の事業への協力のほか、地域の団体からの要請に応じて、団体活動を促進するための実技指導、関係機関との連絡調整などの活動を行っています。

小 平 市 青 少 年 委 員 会 


小平市青少年委員会の活動 ◆教育委員会が主催する事業  「青少年リーダー養成講座」の企画・運営、指導 、「姉妹都市 小平町との少年少女交歓交流事業」の生活指導、「青少年音楽祭」の企画・運営  ◆地域と関わる事業 各地区の青少対や子ども会から依頼を受けて「出前遊び講座」等を開催 ◆自主事業 青少年委員会が企画立案、運営する事業を開催  お問い合わせは、小平市教育委員会教育部 地域学習支援課 042(346)9834 まで。

LINEで送る

小平市青少年音楽祭

この紹介文の画像

日 時  10月14日(日)
場 所  ルネこだいら大ホール

力強い和太鼓の音がルネこだいらの大ホールに響き渡り、今年で30回目の小平市青少年音楽祭が幕を開けました。
透明感のある歌声で楽しませてくれる合唱団、本格的なソプラノ独唱、個性豊かな生演奏バンド、ギター1本で表現する弾き語り、息ぴったりのピアノ連弾。ミュージカルを思わせるような演奏、美しいハーモニーでしっとり奏でる演奏、大迫力の本格的な世界観を感じさせてくれる演奏、吹奏楽のまち”こだいら”から数々の吹奏楽の団体も素敵な音を響かせてくれました。
午前の部、午後の部と一日を通じて、様々な音楽ジャンルから奏でる十人十色のリズムやメロディが、音楽を通じて感じる喜びや新しい出会い、世代を超えて多くの人々が絆を深め合えたのではないかと思います。最後は同じ時間を共感し合えたことへの思いをのせて、会場の全員で「ふるさと」を合唱し幕を閉じました。
様々な世代が関わり創り上げていく音楽祭を、今後も皆さまとともに繋げていければ幸いです。

小平市民まつり

この紹介文の画像

日 時 : 10月21日(日)
場 所 : あかしあ通り ちびっこ広場(あかしあ公園)

10月21日(日)、小平市民まつりが開催されました。
今年は、まつりで物産展を開いてくれる北海道小平町(おびらちょう)との姉妹都市40周年という記念の年でもありました。
私達青少年委員も例年通り「ちびっこ広場(あかしあ公園)」に出前遊びとしてバルーンアートのブースを設け、多くの子ども達に無料で配りました。
ウサギ、オウム、アンパンマン、カボチャ、剣、花と息つく暇もないくらいに次々と要望があり、バルーンアートを求める子ども達の列が途切れることはなく、用意した1,100本のバルーン全てがなくなりました。OB1人、青少年リーダー1人も一緒に活動してくれ、賑やかに楽しく過ごすことができました。
■今後の活動予定■



■指導・協力依頼■

12月2日(日)  七小青少対 「青少対まつり」 バルーンアート 

■青少対関連■



■平成30年度 小平市青少年委員 担当校■

小平第一小(山田 宣章)   小平第二小(小川 寛紀)   小平第三小(大谷 幸夫)
小平第四小(加藤 恵)    小平第四小(山田 身知子)  小平第五小(飯野 英雄)   
小平第六小(橋本 よし江)   小平第七小(内堀 祐夫)   小平第八小(尾形 一輝)  
小平第九小(千田 憲一郎)  小平第九小(大濱 清美)   小平第十小(今村 泰子)   
小平第十小(富永 義徳)   小平第十一小(小寺 浩子)  小平第十二小(田畑 多賀子) 
小平第十三小(髙橋 政美)  小平第十四小(岩本 貢一)  小平第十五小(青木 隆幸)  
花小金井小(松浦 竹美)   鈴木小(金津 幸子)     学園東小(和久井 茂文)   
上宿小(今井 啓介)

店舗情報

店舗名 小 平 市 青 少 年 委 員 会 (こだいらし せいしょうねん いいんかい)
住所 小平市小川町2-1333 小平市教育委員会教育部 地域学習支援課
TEL 042(346)9574
FAX 042(346)9578
Eメール
ホームページ http://www.city.kodaira.tokyo.jp/index.html
交通アクセス 西武多摩湖線青梅街道駅から徒歩5分