ユング心理学による夢解釈

夢診断ドリームアイズ(小平ネット)


夢に関することならどんなご質問にもお答えしております。 無料夢解釈の掲示板もあります!

LINEで送る

無料夢解釈の掲示板


夢に関することならどんなご質問にもお答えしておりますので、お気軽にご活用下さい。

「無料夢解釈の掲示板」はこちら↓
http://bbs4.sekkaku.net/bbs/dreameyes.html

「Q&Aよくあるご質問」はこちら↓
http://www.dreameyes.shop/qa.html

「お問合せ」はこちら↓
http://fm.sekkaku.net/mail/1432623010/

夢のシンボル(象徴)辞典


ここでは夢のキーワードをそれぞれの本から少しだけ抜粋して記載しております。
夢解釈の参考にして頂ければ幸いです。

目次(abcd〜順)
1.赤ちゃんbaby
2.熊bear
3.蜜蜂ミツバチBee
4.鳥bird
5.血blood
6.骨bone
7.ガラスの箱Box of the glass
8.城castle
9.洞窟cave
10.子どもchild
11.時計clock
12.牛cow
13.ワニcrocodile
14.犬dog
15.ドラゴンdragon
16.小人dwarf
17.象elephant
18.火fire
19.魚fish
20.花flower
21.森forest
22.カエルfrog
23.心臓heart
24.馬horse
25.王king
26.ランプlamp
27.ライオンlion
28.仮面mask
29.月moon
30.山mountain
31.壺pot
32.雨rain
33.虹rainbow
34.指輪ring
35.川river
36.海sea
37.船ship
38.蛇snake
39.泉spring
40.星star
41.石・宝石stone_jewel
42.太陽sun
43.雷鳴/稲妻Thunder
44.電車train
45.樹tree
46.水water
47.風wind
48.魔女witch

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1.赤ちゃん(baby)の夢 本から抜粋

[本:無意識の構造 P57]

われわれは夢の中で、このような幼児によく出会う。
幼児たちは発展の可能性を示すものとして、まことにぴったりのものだ。

[本:ザ・夢判断 P51]

新たな可能性や生命力。または子供っぽさに自分が縛られていること。

[本:最新夢辞典 P43]

一般に、赤ん坊の時期に誰もが持つ感情と衝動を表している。例えば、独占欲、喜び、好奇心、無垢(むく)な愛、乳幼児期に受けた心的外傷体験など。また、頼りなさ、傷つきやすさ、責任感がないこと、世話されることを表す。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2.熊(bear)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の事典 P169]

熊との(実際的あるいは象徴的な)接触による呪いはおそらく最も強力なものである。
雌熊は一人で子供を育てるので、原始人からは一般に理想の母親と考えられていた。故独立心が強く、若者を激しく保護するという母親を表すようになった。ギリシアの女神アルテミスは熊として知られている。彼女は処女神で妻としての役割を持っていなかった。同時に若い動物と子供に好意的な女神として特に重要である。
入口としての熊のヴァギナの注目すべきシンボリズムは、通過儀礼(イニシエーション)の動物としての熊の役割を指摘する。このような入口は誕生の象徴とかかわっており、熊は人間を新しい生へと導く女性の仲介者である。熊が長い間人間を魅了してきたのは、一つには冬眠の習性のためである。冬眠は人間社会の死と再生のモデルと考えられたのかもしれない。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P156]

グレートマザー性をあらわすことがよくあります。また本能的なので、否定的な母性のイメージともなります。クマの毛皮を着るとか、クマの皮のハンドバッグを持つなどという場合は、「母性を使うようになる」という意味にとれます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

3.蜜蜂ミツバチ(Bee)の象徴性 本から抜粋

[本:元型と象徴の事典 P180]

蜜蜂は肉体の死と共に天へ飛んで行く魂の象徴である。また巣自体は生き生きとした精神、コンプレックス全体の象徴で、一つの意志を持ち常に新しい生命を支えるバランスを保とうとしている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

4.鳥(bird)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の辞典 P151]

鳥は天の使者を表すこともあるが、たいていは神や女神の顕在である。多くのテーマが鳥と関連しており、鳥特有の習慣に注目することによって、これらのテーマに焦点を当てやすくなる。例えば、朱鷺は水鳥だが、駝鳥は陸との関係が強い。さらに、ほとんどの鳥は飛ぶ能力から、空の動物とみなされている。
マナブ・ワイダが指摘しているとおり、水鳥は創造神話によく登場する。創造神話の一つに宇宙生成の飛び込み(潜水)の話がある。この神話では、創造は大きな原始の海から始まり、陸は現れない。ある動物が深海に潜り、海底から少量の土を持って水面に上がることに成功する。その土が陸地の土台となる。潜るものは蛙のこともあるが、水鳥であることも多い。ロシアや北アメリカでは後者が一般的である。
鳥と関連する最も有名なシンボリズムは、飛ぶ能力、つまり空をすみかとする鳥にもとづいている。地上高く飛ぶことができるので、鳥は新たなものの見方、広く「客観的な」見解の可能性を示唆する。鳥が知恵、視覚による理解の象徴とされるのはこの能力のためである。

[本:世界シンボル辞典 P291]

鳥は、語る前により多くの思慮をめぐらし、輝かしい結果をもたらすように、人間を導いてくれる力の象徴である。人間がその羽根によって空中に舞い上がり、空中のどこででも静止できるのと同じように、魂もまた思慮という力によって高められたり、自由に広がったりする。

[本:昔話の深層 P75]

ユングは鳥が、魂、精神などを表すことをよく指摘している。鳥が人間とは異なり、空を自由に飛べるという事実は、このようなイメージを呼び起こす大切な要因であろう。あるいは、鳥の意味は突然にひらめく考えや、思考の流れ、空想などとも結びつくものである。

[本:ザ・夢判断 P180]

精神的なもの。女性的なもの。想像力、自由。

[本:最新夢辞典 P243]

一般に、鳥は想像力、直観力、意識、思考、精神的な憧れ、幅広い認識(おそらく高く飛べる大きな鳥が示すもの)を表している。

[夢の中の鳥の解釈に参考になるもの]

・グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」
・エジプトの彫刻「女神マートを伴なう朱鷺の姿のトート神」
・ギリシアの陶器「朱鷺に乗るアプロディテ」
・ギリシアのレリーフ「レダと白鳥」など

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

5.血(blood)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P59]

血は始源、情熱、犠牲、力、循環を意味する。傷は苦痛とかかわるが、血が流されて、すべては終わったといわれるように、流された血は危機的状況が過ぎ去ったことをあらわす。
また、血は非合理的なもの、短気、争い、狂気を示すこともある。

[本:最新夢辞典 P127]

人の持つエネルギーや存在の意味を表す。「もう愛していない」というような心を切り裂く言葉は、私たちの生きる力を徐々にむしばみ、血となって夢に現れる。過去の心的外傷から生じた心の傷は私たちのエネルギーを枯らしてしまう。
また、血は生きとし生けるものの中に流れており、時を重ねて受けつがれてきた命を表す。したがって血は他のすべての命とつながるものであり、聖なるものとみなされる。このような意味の血は、傷としてではなく、滋養物、ワインあるいは血のしたたるような肉として現れる。
性的な夢の中での血、処女であること、月経、あるいは受胎する能力に関連している。また、性的衝動によって心に傷を与えられたことを意味する。

[本:ザ・夢判断 P170]

情熱、力、犠牲、怒り、争い、精液。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

6.骨(bone)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本]

骨は生命力をやどすもので、生命の種といわれ、がいこつは死のイメージであるが、あらゆるものの解体の象徴で、再生への一過程である。したがって歯の抜ける夢は新しい洞察を意味する。

[本:ザ・夢判断 P148]

生命。骸骨は死の象徴だが、既存のものの解体を意味し、再生への過程でもある。

[本:最新夢辞典 P90]

死に対して抱いている感情を表す。あなたがいつのまにか「枯らしてしまったり」、活かすことのできなかったあなた自身の能力、才能、感情などを表す。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

7.ガラスの箱(Box of the glass)の夢 本から抜粋

[本:おとぎ話と個性化 P22]

ガラスの箱は典型的なおとぎ話のモティーフである。有名なものは、白雪姫が横たわり小人達が彼女を入れて持ち去るガラスの棺である。
いくつかの錬金術文献ではガラスは奇跡の物質にたとえられた。あたかも何もないかのようにガラスごしに見ることができるので、それは物質ではなく、水晶のように、霊妙な物質の象徴だった。しかしガラスはまた部屋の内側を隔離し、暖かく保つことができるという利点もある。かくて錬金術師と科学者は最も不思議な性質をガラスに帰し、それは今もご存知のように最高の絶縁体の一つであり、われわれにとって非常に有用なものである理由になっている。
しかしガラスはあなたの動物的活動に関する限りではあなたを切り離しており、それはあなたが掴むことができず、また、あなたに暖かさを与える何かからあなたを分離し、触れるというもとの意味では、ガラスを通してあなたは接触できないが、しかしそれを通してみることができる。精神的にあなたは切り離されてはいない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

8.城(castle)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P60]

城は壁に囲まれた堅固な建物で、王国の中心にあり、心理学的には自我の象徴、時にはさらにふかいところにある心の中心、セルフのイメージで、マンダラと同じ意味を持つこともある。
城はまた精神的な力、支配、権威の象徴であり、黒い城は錬金術師たちの寝所であり、山頂に黒雲のかかるイメージで、他界への入り口を意味する。冥界の王の住居、魔王や魔法使いの住むところである。反対に明るい城は救済と天国の門をあらわす。その中に精神的な輝きを秘めた城は、栄光と救いを示す。
廃墟や遺跡は、かつての栄華の名残りであるが、無意識に痕跡をとどめている記憶であって、そこから、なにかが生まれる可能性を示している。

[本:最新夢辞典 P59]

安心感、あるいは逆に不安な気持ちの現れ。自己防衛的な姿勢、「攻撃」に対する防衛的態度を示す。また、自己のアイデンティティを脅かすものから自己を守るために必要であった子どもの頃の態度の名残りでもある。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

9.洞窟(cave)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P28]

洞穴は暗い母親の子宮を思わせる所で、安全、保護などの意味と、無意識の危険性を同時に示している。洞穴の中には怪獣が住み、酒天童子が酒盛りをしていたりする。いずれにしろ、なにか大事なものを隠したり、閉じこめたりする所で、それを探検し、解放することは大事だが、かなり冒険を伴なう。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P139]

暗い穴は、母親の子宮のイメージがあり、迷路のイメージとも結びついています。洞窟が夢に出たときは、グレートマザーについて考えてみましょう。洞窟の中からは、どんな危険なものが出てくるかわからないのですが、何かすばらしい宝物がひそんでいそうな場所でもあります。うまく見つけ出せば、大きな飛躍になるかもしれません。洞窟に入っていく夢は、危険をおかして、自分の心の中の宝探しをしているのでしょう。

[本:ザ・夢判断 P79]

母親の胎内。母性的な保護と同時に無意識に潜む危険性を表す。

[本:最新夢辞典 P229]

洞穴は出産前の生活、ヴァギナ、生殖と出産の過程、あるいは無意識への入り口、などを表す。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

10.子ども(child)の夢 本から抜粋

[本:おとぎ話と個性化 P29]

子供の象徴には若さの要素が含まれている。未来はすべて前方にあり、人生の新しい出発があり、豊かな無尽蔵の可能性のすべてを有している出発点の状況のもつ充実をまだ所有している何かがある。
一般に子供はわれわれが教育の影響を通して失う傾向にある正直さの精神をまだ持っている。子供は「おばあちゃん、あなたは年寄りで、いつ死ぬつもりなの」とかいった抑制されていないことをまだ言い、したがって人格の完全な自発性や真実さを表現しており、それは子供たちと馬鹿者が真実を話すという諺(ことわざ)を説明している。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P74]

子供というのはエネルギーにあふれた存在です。まず男性的なエネルギーなのか、女性的なエネルギーなのかがわかるでしょう。男の子だったら、自分の中に新たな男性性が生まれた、と考えます。女の子なら、新たな女性性があなたの中に芽生えたということです。
幼児は、ある程度、自己主張もしますから、夢の中のその子の行動などで、どんな可能性か、どんな要素なのか、少し見えてくるでしょう。セクシーな雰囲気はまだ出ていません。透明感があります。創造性、アイデアに富んでいます。

[本:ザ・夢判断 P86]

両性具有的な存在。生命力。自分の新たな可能性。内面の子供っぽさや子供時代のこと。顔が老人ならオールドワイズマン?

[子どもに関する夢とその解釈]

○ bbs811 死んでしまった
○ bbs784 鳥居と川
○ bbs719 光の人
○ bbs507 感染する

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

11.時計(clock)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 p71]

他の円形のものと同様にマンダラのイメージの典型で、時を刻むものであり、占星術の一二宮とかかわり、運命を告げる象徴である。また数の象徴と関係があるので、時計の夢は、調和、運命、現実をのみこむもの、死などと共に、歯車や機械などについて考えると同時に、現実の時間と数の象徴との両者について配慮する必要がある。夢は現実そのものを指していることもあるから、あまり象徴的に考えすぎると、肩すかしをくわされるから、時間を告げる夢などは、現実の状況もよく考えること。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P167]

現実の時間感覚をあらわします。時計が逆に回っていた、というようなときは、周囲の状況に逆らうようなことをしているのかもしれません。意識や現実より、無意識の内面的世界に向かっているのでしょう。また、円形のマンダラのイメージで、運命を告げる象徴でもあります。

[本:最新夢辞典 P239]

私たちが受けている制限を意味する。義務感、または潮時などを意味する。差し迫っている、あるいは逆に「たっぷり時間がある」ことに気付くこと。

[本:ザ・夢判断 P139]

マンダラのイメージの典型。運命、調和、死の象徴。夢に時刻が現れたら、それを何かの数字に置きかえてみること。

[時計に関する夢とその解釈]

○ bbs602 会社に遅刻
○ bbs146 ファーストフード

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

12.牛(cow)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の辞典 P155]

多くの文明において牛は富の象徴である。さらに牛の乳はどこへ行っても自然の恵みと養う母の象徴である。

[本:別冊宝島15 夢の本 P47]

ミルクと関係していて、世界を養う銀河、英語のミルキー・ウェイとかかわるやさしい、温かな母性を示している。そこで、豊饒の大女神や、月と関係があり、多くの月の女神は、牛の角をつけている。
それが雄牛なら、勇ましく、インドやエジプトでは、男性の力強さを示し、労働や忍耐強さの象徴である。しかし、ライオンのような明るい太陽の下の力と違って、どこか暗い夜を思わせるところがあり、牛の角は男性の性的な積極性や、本能的な攻撃性を示していて、ピカソが好んで書いた主題である。
半人半牛のミノタウロスは、クレタの王妃パシパエーが、雌牛と通じて生まれた怪物であって、迷宮に閉じ込められていたが、テーセウスというアテネの英雄に退治された。男性の野獣のような本能的な力をあらわすものと考えてよいであろう。

[本:ザ・夢判断 P134]

純重。雄牛なら男性的な力強さ、性的な情熱。牝牛なら温かな母性、豊かさ。

[夢の中の牛の解釈に参考になるもの]
エジプトの彫刻、「王を育てる野生の雌牛、ハルト」など

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

13.ワニ(crocodile)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P45]

ワニは破壊的で、恐ろしい力を持っている。しかし、大地と水の境界に住んでいて、泥や植物の成長とかかわり、大地の豊饒をあらわすもので、グレート・マザーの悪い面、のみこむ力とよい面である育てる力を兼ね備えている。
また、蛇やドラゴンに近いところから偉大な知恵を持つとされている。
いなばの白うさぎは、わににだまされて、赤むけのまる裸にされてしまったというが、実はあれはわにではなくて、わにざめであるという説もある。
厚い外皮をかぶっているので、のろまだけれども頑固で強い。
エジプトでは死んだ人はわにの知恵になるといわれ、抑圧されて根強く残っている硬い殻をかぶったコンプレックス、特にマザー・コンプレックスに注意すること。

[本:世界シンボル辞典 P469]

深層心理学者E.エップリの「夢とその解釈」(1943)によれば、「ワニは竜に似てはいるが「それ以上に古く、不気味な存在であり、またそれ以上に容赦なく人間に噛みつき、人間を呑み込む生物である生物である。そのため、われわれの内的なエネルギーすなわち集合的無意識の深層に存在する、重苦しく邪悪な生の態度をあらわすネガティブなシンボルとなる」。

[本:ザ・夢判断 P37]

破壊的な力と創造的な知恵をもつもの。グレートマザーとも関わる。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P159]

大地と水の境界線にすんでいます。因幡(いなば)の白ウサギの話のように、気をつけないと水の中に引き込まれ、飲み込まれてしまう危険があります。グレートマザーの否定面です。けれどもまた、ヘビやドラゴンなどと通じるイメージがあり、知恵を持った、育てるものの象徴でもあります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

14.犬(dog)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の辞典 P174]

マンフレッド・ラーカーが指摘するように、犬は両価的な象徴である。人間にとって友達や仲間として飼い慣らされた動物になっている犬もいれば、野良犬や狼もいる。牧人や狩人の伴侶として犬は警戒と忠誠の象徴となった。野生の補食者や腐肉をむさぼり食うものとしては、強欲や不道徳の象徴となった。
神話儀式に関わらず犬と死の関係は世界中でみられる。巨石文化の時代に、すでに古代ヨーロッパ人は死者と共に犬を葬っていた。古代アステカおよびマヤの人々の間では、犬はこの世とあの世を隔てる川を渡る死者を導くと信じられていた。このため犬は儀式の際に犠牲にされ、死者と共に埋葬された。導き手としての役割に加えて、犬は死者の地の見張りである。古代ギリシアにはハデスを守るケルベロスの話がある。インドにはヤマ(死者の神)の犬がいる。

[本:同 P175]

ユングは、心を意識と無意識の組み合わせと定義している。しかし心の統一は日常生活において、完全に阻まれないまでも常に乱されているように感じられる。無意識の境界を守るものは多い。犬は得に主人への忠誠心によって表面上の自我意識を表し、ジャッカルに似た野生的な性質によって、無意識の曖昧さや予測できないものを表している。
[本:別冊宝島15 夢の本 P46]→ 犬は人間のもっともよい友といわれ、忠実で、やさしく、温かさをもっていて、はだのふれあいとか、衣食住などの生活の充実を示すものである。だから夢の中で犬が荒れ狂っていたり、かみついたりしたら、本能的なものが抑圧されて、無意識の中で暴れているのかもしれない。もっと生活に注意。
犬はイシス大女神の化身であり、狩人オリオンに従う猟犬、セイリオス、つまり、オリオン星座のシリウス星のことで、エジプトでは、女神ソティスと同一視され、大地の豊かさをあらわす象徴である。犬の出産は軽いので、日本でも犬は安産のお守りであり、豊饒をあらわすのもである。 犬はまた、死や無意識の象徴として暗い面を持ち、中国では墓や死者を守るもので、悪魔払いや清めの儀式に使われた。地獄の門にはケルベロスという三つの頭を持つ恐ろしい番犬がいたといわれ、神々の使者をする役割ももっていた。犬は死者の旅路のお供するので、死と再生にかかわっている。月の女神で亡霊どもを従えて、炬火を手に、夜中の町々を疾風のように走り去る恐ろしい運命の神ヘカテーも、犬どもを連れていたということである。
しかしふつう夢では、犬は温かい情愛と、官能的なやさしさを示すものと考えてよいだろう。

[本:世界シンボル辞典 P39]

人類にとって最古の家畜である犬は、シンボルとしてはまず忠実と警戒心をあらわし、冥界の入り口の番犬(たとえば3つの頭をもつケルベロス)とされたり、来世の道案内としてしばしば死者とともに葬られたりした。犬にはまた「霊を見る力がある」と信じられ、目に見えない危険を知らせるといわれた。

[本:ザ・夢判断 P180]

愛情、やさしさ、忠実、伴侶。見覚えのある犬は、かつてその犬を見た人生のある時期をあらわしている場合が多い。

[夢の中の犬の解釈に参考になるもの]

エジプトの彫刻、「パイロン型神殿のアヌビス」など

【犬に関する夢とその解釈】

○ 夢診断08 初老の中国人
○ bbs738 ゾウガメ
○ bbs680 飼い犬
○ bbs186 犬
○ bbs100 犬の散歩
○ bbs33 柴犬
○ 無料mail023 柴犬の生首

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

15.ドラゴン(dragon)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の辞典 P504]

ドラゴン殺しの神話は世界中にあり、それは宇宙秩序の保持と結びついている(ほんの一例を挙げると、マルドゥック、トール、インドラなどもそうである)。さらに民話では、ドラゴンを殺すことは英雄(神のような性質を示す人間)の一要素である。
おそらく英雄の共通の偉業はドラゴンを殺すことであり、聖ジョージは典型的な人物である。ドラゴンは必ずしも悪いとは考えられていない。事実、東方では、ドラゴンはあらゆる現実の根底に流れる力の最も一般的なシンボルである。しかしドラゴンはしばしば混沌、つまり意味を持った存在を支える秩序と敵対する現実と同一視される。この考えをもっと広げると、ドラゴンは精神分析では、意識的エゴの統一を阻み、危うくする無意識の衝動のシンボルとみなされている。

[本:元型と象徴の辞典(2) P509]

ティストリアはイランの民話で数多くの英雄の聖なるモデルとなっており、ドラゴンは、通常それが宇宙のレベルでも人の精神のレベルでも、秩序と相対する混沌を象徴している。究極的には、ドラゴンは絶滅しない。いや、何度も何度も倒されねばならない存在である。これは、最も深いレベルでドラゴンが表す混沌は生命が生じる母体を表しているからだ。この混沌を破壊することは、滅びつつある創造物の古い形態を再生する可能性を壊すこととなるだろう。個人が戦わなければならないドラゴンは、人類の分化やパーソナリティとは敵対する、個人のまたは集合的無意識の側面を示すものである。

[本:別冊宝島15 夢の本 P52]

古代や未開の神話、現代のヒロイック・ファンタジーなどで、もっとも活躍する想像上の生物で、天と地を結ぶ象徴である。恐竜、わに、蛇、ライオン、鷲、その他、力強く、攻撃的で危険な動物の力をあらわし、上昇する男性的な力と、下降する女性的な力とを合体したものといえよう。ドラゴンの夢は、無意識の危険と、その背景にある創造的な力との、両方を考えてみる必要がある。

[本:世界シンボル辞典 P477]

さまざまな創世神話において、竜はたいてい猛威をふるう原初の生物として登場し、神々に退治される運命にある。そして時代が下ると、半神や貴族の始祖が流退治の役割を担うようになる(精神的優位に立つ人類による、凶暴な自然界の克服)。
民話や伝説の中では、財宝を獲得したり、囚われの姫を救い出したりする前に果たすべき使命として、しばしば主人公に竜退治の試練が課せられる。この場合竜は、人間が自在に制御することのできる力をもって克服すべき、野蛮な獣性をあらわすシンボルとなている。

[本:ザ・夢判断 P55]

無意識の危険な力、上昇する創造力。

[本:最新夢辞典 P309]

神話や昔話にみられる竜を退治する英雄の物語のように、自我の確立や男性性の獲得を意味する。

[夢の中の竜の解釈に参考になるもの]

・スペインの彩飾写本「黙示録的ヴィジョン―イクレージアとドラゴン」
・ロシアのパネル画「聖ジョージとドラゴン」
・イラン、モンゴルの彩飾写本「ドラゴンを殺すバーラム五世」など

[ドラゴンの夢とその解釈]

○ bbs834 虹色に光る龍
○ bbs779 ペガサス

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

16.小人(dwarf)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の辞典 P64]

マリー=ルイーズ・フォン・フランツはその民話研究の中で、心理的レベルでは小人は、無意識領域の意識領域へ突然の侵入を示すのではないかと述べている。衝動は暗黒に住み、潜在的創造力を持っている。一番危険なことは小人は文字通り小さいので、その潜在能力が過小評価されることである。
「小人の妖精たちが私たちのために働いてくれていることを、多くの物語りは語っている。妖精(英語ではドワーフ、ドイツ語ではハインツェルメンヒェン)と仲良しの人は、戸口に毎晩ミルクを置くだけでよい。あとは妖精が仕事をしてくれる……。小人の妖精たち(つまりは無意識にある良い思いつきや衝動)につきまとう困難は、それらが小さすぎて見過ごされがされがちな点にある。自意識過剰な合理主義者は、良い考えを持ちながらもそれをナンセンスとみなして理性につきがちである。後になってそれが良い思いつきと分かっても後の祭りである。それを抑圧してしまったことを後で悔やむことになる。あなたは小人から良い考えをもらいながらも、小人が無理強いしないので、それを無視してしまう。このことは小人たちを大いに悲しませる。」

[本:世界シンボル辞典 P168]

小人は、シンボルとしてはたいてい秘められた力や巧みな技術と結びつき、隠された宝のありかを知る者とされることも多い。また民間信仰には、善悪両面を持った存在として登場する。小人は人間よりも古い創造秩序に属するものと考えられ、巨人と同様に、人類があらわれる以前の世界を体現する存在である。そのため彼らは人間を避け、大地の懐(洞窟)に隠された宝を一心に守っているとされる。

[本:夢の本 P66]

小人は意識にまだなっていない無意識の力をあらわす。五本の指であらわされる英雄たちの力や、へーバイストスを助けて武器を作るカベイロイたち。または白雪姫の七人の小びとのように、貴重なものや眠れる無意識の守護をする番人である。また、小びとのいたずらは、トリックスターである文化英雄と近く、人間に技術や知恵、新しい洞察をもたらすものである。
エジプトのセラピス神や、ギリシャのアスクレピオス神のような医療の神には、小びとがついていることが多く、治癒力や生命力を意味し、時にはユングのいうセルフのイメージとして、子どもまたは小びとがあらわれる。

[本:最新夢事典 P164]

未発達のまま残され、あるいはまだ統合されていないパーソナリティの一部を表す。例えば、女性が子育てに追われて、伸ばすことのできなかった音楽的才能などを表す。また、痛ましい子ども時代の経験や、情緒的に暖かく育まれることがなかったために、歪んでしまったパーソナリティを表している。したがって、小人の夢は無意識と深く関連している。

[夢の中の小人の解釈に参考になるもの]

・グリム童話、「白雪姫」
・スカンジナビアのレリーフ「天空を支える四人の小人」など

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

17.象(elephant)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の辞典 P193]

シンボルに使われる動物は野生と家畜化されたものの両面を示している。例えば猫は荒野の猛々しいライオンであり、納屋の鼠を退治してくれる飼い猫でもある。犬のシンボルは殺し屋の狼であり、ハンターの忠実な供でもある。像も、アフリカの草原の巨人であると同時に、インドの旅行者やはたらき手の仲間である。
象は力の点だけでなく、社会生活を営むという点でも学者達に注目されてきた。象は群れの習慣に従って生活する。六十年か七十年生きて複雑な社会的行動を取ることができる。雌たちは出産のときお互いに助け合い、生まれた像が独り立ちできるまで守ってやる。罠にはまった象がいれば、仲間皆で助けようとする。

[本:別冊宝島15 夢の本 P51]

象もまた、動物の中でもっとも力強く、重量感があり、半野生で、人間の仕事を助ける動物である。アフリカ象は、巨大で荒々しく、危険な力を示しているが、インド象は人間に慣れて、重いものを運んだり、虎狩をする王様を運んだりする。夢ではらくだと同様に人間を助けるもの、男性的な力をあらわし、父親の権威をあらわすこともあるが、人間を守る保護的な母親の力を意味する場合もある。
象牙は、世界中で珍重される宝物で、象の墓場には象牙の山があるといわれる。

[本:世界シンボル辞典 P229]

象は、シンボルとしてはポジティブな捉え方をされる動物である。アジアでは王候の乗る動物として飼いならされ、その賢明さのゆえに非常に尊重された。

[本:ザ・夢判断 P153]

人間を助けるもの。知恵。男性的な力。父親の権威、母親の保護。

[本:最新夢辞典 P235]

私たちの成長や活動を支える生命の巨大な潜在的な力の象徴。もし象から逃げるような場合は、自分自身の強さや内的衝動を恐れていることを示している。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

18.火(fire)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P345]

火は(水が「女性的」とされるのとは逆に)ふつう「男性的」元素と見られ、活力、心臓、生殖力、示唆、太陽などのシンボルとなっている。
ユング派の深層心理学によれば、夢にあらわれる火はシンボルとして、(家および家族をあらわす)かまど、調理、金属の融解などのイメージと密接な関係をもつとされ、また「燃え上がる」といった詩的なイメージの関連が示唆されてもいる。

[本:おとぎ話の心理学 P128]

動物の皮が焼かれてうまくゆくお話は、たくさんの火による変容の儀式に属しています。最も神話的な説明では、火は浄化と変容の性質をもち、だからこそ多くの宗教的儀式に用いられるのです。錬金術では、火は「表面的なものを焼きつくす」ために使われます。その結果、ただ破壊されえぬ核だけが残るのです。
従って、錬金術師はその材料のほとんどをまず燃やして、破壊されうるものは破壊します。火に耐えうるものが不死性―破壊を免れる堅固たる核―の象徴とみなされます。だから火は大いなる変容者なのです。
心理学的な意味において、火は一般的に情緒的反応や情感の熱を表しますが、以上のことはすべて当てはまります。情緒的な熱なしには、どのような発展もなく、より高い意識の(を)達せられるはずがありません。それが、神の「あなたはなまぬるくもなくて熱くも冷たくもないから、私はあなたを口から吐き出します」(黙示録Ⅲ-16)と言われる理由です。

[本:別冊宝島15 夢の本 P31]

火は水と反対で意識の象徴で、輝く太陽と関係がある。昇華された精神的エネルギー、新たな創造、自己洞察、記憶、回想、悪魔を降し、清めること。勝利や文化の発展をあらわす。プロメテウスは神から火を盗み、人間に意識と文化をもたらした。火はまた燃えるような情熱、破壊、終末を意味することもある。火を渡ることは、人間の限界を超えて、神と交信することである。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P137]

直感的な意識性や激しさをあらわします。直感は、別々の場所に離れたものを一瞬のうちに結びつける機能です。現実的には、そこに到達するための道のりはさまざまなのですが、火の象徴する直感は、目的別に向かって一瞬のうちに到達するのです。夢の中で火が燃えている場合は、その場所で急激な意識化が起こり、今までに気づかなかったことに突然の洞察が開けます。火は形あるものを燃やしてしまうので、現実的には危険な状況になることもありますが、新しいものが生まれる可能性につながります。

[本:ザ・夢判断 P37]

情熱や欲望。火事はコントロールできない情熱の破壊的な側面。大火による世界の終わり、新しくて大きな価値観の獲得。

[火に関する夢とその解釈]

○ 夢診断02 山奥の森の女性(bbs12)
○ bbs659 豪華な図書館
○ bbs634 逃げると男に
○ bbs566 幼稚園が火事
○ bbs557 焦げた車
○ bbs257 太陽
○ bbs234 大爆発

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

19.魚(fish)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P173]

水の中をすみかとする魚は、水が深層心理学において無意識の象徴とされることから、人格の深層にある「生きた」内容、すなわち生命を生み出す内なる「母の世界」の力や、豊饒と関係するさまざまな内容を体現した存在とみなされる。古代の多くの宗教では、魚は愛の女神や豊饒な自然と結びつけられた。しかし一方では魚は「冷血」であるため、「激しい情熱にとらわれない」ことのシンボルとして、神聖な食事に供されたり、生贄としてささげられたりした。

[本:別冊宝島15 夢の本 P41]

魚は無意識の海を泳ぐもので、水の中を動きまわるなにものか、つまり、コンプレックスのようなものと考えてもよいだろう。また、母の胎内を泳ぐ新生児でもあって、無意識の中で、まだこれから生まれる予定の新しい生命、意識の断片でもある。
また魚は卵をたくさん生むところから、豊かさや実りの象徴ともいわれる。
古代の地中海沿岸では、大洋と関係のあるヴィーナスなどとの関係から、すべてをのみこみ、また生み出す太母神をあらわしていた。
エジプトでは、魚はオシリス神の陽物をのみこんでしまった聖なる生物であるし、古代ではキリストをたたえる言葉の頭文字を並べると魚という語になるので、魚形章ではキリスト教徒を意味した。

[本:ザ・夢判断 P87]

無意識の深いところに住むもの。新しい生命、豊かさ。

[本:最新夢辞典 P233]

私たちが何かを話したり行動したりしようとする時には、まず、そのようなことをするための身体的衝動や心理的なはたらきが自ずと私たちの無意識の中に起こっている。そのような無意識にはたらいている心の営みは、しばしば魚の姿を借りて表されるのである。

[魚に関する夢とその解釈]

○ 夢診断10 フェリー
○ bbs732 列車
○ bbs691 蛇が
○ bbs436 投網
○ bbs49 巨大な水槽
○ 無料mail035 川に飛び込む
○ 無料mail020 桜並木

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

20.花(flower)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P327]

花が若々しい生命のシンボルとなっている例は、世界各地に多くみられる。また花は、星をかたどったようにも見えるその花弁の形から、しばしば太陽、(円としてイメージされた)全世界、世界の中心(たとえばインドおよび中国におけるハスの花)などをあらわすシンボルともみなされる。
一般的には、花は生命力と生きる喜び、冬の終わりと死に対する勝利のシンボルである。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P163]

基本的に女性的エネルギーをあらわします。セルフをあらわすこともあります。バラは情熱、ユリは清純など、それぞれの持つ花のイメージ、象徴性があります。何かの花が夢に出てきたら、花言葉などを調べてみるといいでしょう。花言葉は、その花にまつわる神話から作られていることも多いので、その由来を調べるとイメージが広がります。色の意味も参考にしてください。

[本:ザ・夢判断 P64]

生命力と美。

[本:ザ・最新夢辞典 P266]

美しさを意味する。自己の感性や能力の開花を表す。花の形によっては女性性器を表す。

[花に関する夢とその解釈]

○ bbs835 きれいな桜の花弁
○ bbs668 アメジスト
○ bss504 三つ
○ bbs382 桃色の桜
○ bbs239 花が咲いている
○ 無料mail020 桜並木

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

21.森(forest)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P439]

伝説や民話の中では、森には謎めいた、しかもたいていは恐ろしい姿をした生き物(魔女、竜、巨人、小人、ライオン、クマなど)が棲むとされていることが多い。これらの生き物は、若者がその責任を自覚した成人として認められるためのイニシエーションにおいて対決しなければならない、さまざまな危険を体現する存在とみなすことができる。夢にあらわれる「暗い森」は、アイデンティティー確立以前の段階、あるいは意識が正常に働いているじょうたいではおずおずとしか足を踏み入れることのできない「無意識」の領域をあらわす。

[本:別冊宝島15 夢の本 P29]

森は暗く、無意識的世界や、母親のイメージともかかわっている。森の中に入る夢は、無意識の探検や、グレート・マザーの接近と考えていい。
森はあらゆる危険・悪魔的病気などが集まる恐ろしい所である。
しかし、森の中には、眠りの森の美女や、白雪姫の小びとたちのように、美しい女性や人を助けるものもいる。

[本:ザ・夢判断 P192]

無意識の世界の入り口。森の中へ入るのは無意識界への探求やグレートマザーへの接近。危険なものが集まる恐ろしい場所でもある。森で出会う動物はオールドワイズマン?

[本:ユングが教える夢の心理判断 P140]

森もグレートマザーのイメージとかかわっています。森は暗くて危険な獣も住んでいます。自分ではコントロールの利かないような、猛獣的なエネルギーもひそんでいるでしょう。でも、森に入っていくことは冒険ですが、大きな収穫を得られる宝庫でもあります。木を切り倒せば何かがつくられるのですから、創造的な素材にあふれた場所でもあります。太陽と空気と水と土がないと木は育たず、森になりません。つまり、自然の四大元素の要素がミックスされた、総合的な場所なのです。

[夢の中の森の解釈に参考になるもの]

・グリム童話「白雪姫」
・グリム童話「カエルの王様」
・グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」など

[森に関する夢とその解釈]

○ 夢診断02 山奥の森の女性 (bbs12)
○ bbs837 知らない人と手を繋ぐ
○ bbs779 ペガサス
○ bbs735 手を繋がれる
○ bbs730 お化け
○ bbs593 鎮守の森

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

22.カエル(frog)の夢 本から抜粋

[本:おとぎ話のなかの救済 P141]

(おとぎ話の中では)人間は、カエルという呪われた姿で現れることがよくあります。カエルは人間の身体に酷似していて、手足が短く、小さな冷血動物の段階にあり、まるで人間の風刺のようです。私たちは、小さな子供のことをよく小さなカエルと呼んだりします。無意識の内容がカエルとして登場するなら、意識に上がれたでしょうし、今も常にそう望んでいる、とさえ常に言い切れるのです。

[本:元型と象徴の辞典 P141]

ニーチェについての文章の中で、ユングは現代の夢における蛙の意味について指摘している。彼によると、蛙は、「生に対する動物的衝動」を表わす。

[本:ザ・夢判断 P111]

水から陸に上がるような新しい洞察。おたまじゃくしから成長するような変身、創造と再生。アニマとも関わる。

[カエルに関する夢とその解釈]

○ 夢診断03 二十匹ほどのカエル
○ bbs696 蛙大量発生源
○ bbs539 カエルを食べる
○ bbs507 カエルをおいかける
○ bbs490 蛙の手足

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

23.心臓(heart)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P59]

心臓はからだの中心で、頭と性器の間にあり、あらゆるものを統合する象徴である。また、感情とかかわり、愛ややさしさを意味する。また、幸福と輝きの中心で、しばしば、炎や十字、王冠、花弁の中にハートが描かれている。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P118]

心臓は、体全体を統合する中心的な部位であり、統合の象徴です。女性的な感情、愛ややさしさ、情熱をあらわす部位でもあります。

[本:最新夢辞典 P127]

哀れみ、同情、好き嫌いなど、さまざまな感情を表す。

[心臓に関する夢とその解釈]

○ bbs511 心臓を燃やす
○ bbs509 心臓が止まる日

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

24.馬(horse)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P54]

馬は「高貴」で聡明な反面、いったん動揺すると不安におびえ臆病になる点が注目されている。馬と騎手の関係は比喩的にエス(イド、本能的衝動の源泉)と自我の関係をあらわすとみなされる。また、自我とエスの相互関係に障害が生じると、後脚で狂ったように蹴る暴れ馬が夢にあらわれることがある。この夢は、両者の統合の必要性を強く訴えているのである。

[本:別冊宝島15 夢の本 P46]

馬もまた、本能的な力をあらわし、宇宙の混沌から生まれた盲目的なエネルギーであるという。太陽の車をひくのは四頭の馬であり、同じ本能的な力といっても、牛よりも明るく、素早くて、直感が鋭く、自然の無意識的なカンの鋭さなどを思わせる。風や海の泡、火や光とも関係があり、英語でホース・センスといえば、直感的な知恵や、大ざっぱな常識のことである。
ユングは馬にもグレート・マザー的なものを認め、心の中に住む母親として、本能的な知恵を示すものとした。
半人半牛のミノタウロスのように、ギリシャ神話には半人半馬のケンタウロスがいて、知恵や賢さをあらわしていた。つまり、馬の夢は、本能的な知恵やエネルギーをあらわすものと考えてよいだろう。
最後に、馬の蹄鉄は、幸運をもたらすものとして、珍重されている。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P156]

本能的・直感的なエネルギーです。衝動的な情熱や性衝動をあらわすこともあります。夢にウマが出てきたときは情緒的エネルギーや感情が豊かにあるといっていいのですが、衝動的に突っ走らないように、少し飼い慣らすことも必要です。

[本:ザ・夢判断 P181]

本能的な知恵やエネルギー。夢を見た人を夢中にさせる情熱や本能。アニマ、アニムス、グレートマザーである場合も。

[本:最新夢辞典 P233]

一般に、快い内的エネルギーやその豊かさ、あるいは活気にあふれた性的衝動を表す。

[馬に関する夢とその解釈]

○ bbs559 馬が川を泳ぐ
○ bbs504 三つ
○ bbs409 水槽

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

25.王(king)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P66]

王:支配を象徴する人物像。一定の水準以上に文明化の進んだ社会やその影響圏に見られ、神々の世界の父権制原理が人間の社会に適用されたこと、あるいは太陽崇拝の宗教における男性主権が地上に反映されたことを示唆する(これに対して、女王が象徴として重要な意味を持つ場合-王に比べると稀だが-には、その文明は母権的な特徴を示すことが多く、また女王はたいてい聖なる領域を代表する存在である)。
また、ユング派の深層心理学では、詳細な分析に基づき、錬金術のシンボルとしての王を、家父長的な権威の象徴(「イマーゴとしての父」)というよりも、むしろ生得の内面的象徴の基盤にある、高度な洞察力と知恵の元型とみなしている。

[本:最新夢辞典 P43]

王―大きな意味では、宇宙と原人の象徴であり、絶対の権威、魔術と超能力の持ち主である。王はまた、支配者、統合をはかるものであり、意識の中心である自我、自制、正しい裁きを意味する。さらに勝利と完成のシンボルである。だから、王の名のつくものは、その道の達人であり、黄金、太陽、ゼウス大神などと同格と考えてよい。
王は人間であるが、神の地位に昇格した人であり、栄光につつまれている。
しかし、傷つける王、病む王は自分自身を上手にコントロールできない状態を示すので、要注意。
心理的な固着状態、自我の崩壊にかかわる。年老いた王は、死んだり殺されたりして、若い王と代わり、新しい世代が誕生する。
錬金術では、労王が王子をのみこんで再生する。
どちらも、死と再生の主題で、これまでの考えが消失し、新しい洞察が生まれることを示す。
苦境にある王は、サーサー王の伝説のように、物語によく見られるが、苦悩を越えて成長する自我の象徴。
また、王と王妃の結婚は、錬金術では黄金の完成、心理的には完全な精神的調和を意味する。
王子―王子は王の息子で、父権の再生であり、昇る太陽に示される新生の自我を意味する。

[本:ザ・夢判断 P78]

王子:権威、統括の象徴である王の息子。太陽や再生のイメージと関わる女性にとってはアニムス?

[本:最新夢辞典 P78]

王子:男性の夢では、彼の持つ最良の面を表す。女性の夢では、彼女の兄弟、恋人、または男友達を表す。

[夢の中の王・王子の解釈に参考になるもの]

・グリム童話「カエルの王様」
・グリム童話「三枚の鳥の羽」など

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

26.ランプ(lamp)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P70]

精神の輝き、生命力、好奇心、宇宙における存在の光、永遠の真実などを示す。
アプレイウス作『黄金のろば』の中にある物語では、心を意味するプシケーという娘が、姿の見えない夫の正体を確認しようとして、ランプをかかげて、夫の顔を盗みみるが、それが美しい翼のある愛の神エロス(キューピッド)だったので、驚いてランプの油をこぼし、夫に火傷をさせてしまう。驚いた愛の神は天界に去り、これを追ってプシケーの苦労が始まるが、ランプは好奇心でもあり、新しい発見、心の遍歴とかかわる。
ユングは嵐の夜にマントにくるまって、小さなランプを消されないように大事に抱えながら進む夢をみたという。その時、背後をふりかえってみたら、巨大な影があったので、その時から彼は影の存在を確認するようになったとのことである。ユングはこれを自分の持つ意識の光であるとし、背後の影をもう一つの無意識的な影の人格、シャドウの持つ強大な呪術的な力であると考えた。

[本:ザ・夢判断 P170]

無意識を照らす意識の光。好奇心、生命力。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

27.ライオン(lion)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の事典 P162]

ライオンのシンボリズムは広く豊かである。古代近東においては護る力としてライオンは愛と戦争の女神の伴侶であり、しばしば女神の王座の側に現われる。また黄金のたてがみが太陽の光に似ていることから太陽の象徴でもある。占星術では、獅子座は支配者としての太陽に割当てられ、十二宮の中でも最も暑い時期(七月と八月)に現れる。エジプトの初期キリスト教では、砂漠にいるライオンのイメージは隠者の孤独な道を表していた。ユングは錬金術に関する文書の中に現れるライオンは、感情の炎、新しい洞察力や知覚を照らす光の源を象徴すると言っている。

[本:世界のシンボル事典 P465]

ライオンはシンボルとしては男性的特徴をあらわすが、それゆえにしばしば、偉大な女神たち(キュベレ、アルテミス、フォルトゥナ)と対をなし、互いに相補う関係にあるものとしてイメージされた(ただしこの場合、女神がライオンの姿をとることもあった)。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P156]

基本的には父性的エネルギーであり、王者の象徴です。黄金のたてがみを持ち、意識性や太陽ともかかわります。

[本:ザ・夢判断 P156]

無意識の危険なもの。荒々しい欲望、目覚め、勝利、勇気。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

28.仮面(mask)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P70]

仮面はその裏に真実を隠すもので、神秘、呪術、集合の力、肩書、たてまえなどを意味する。
また仮面は神秘的なものごとの変容の過程を覆うもので、古代のイニシエーションの儀礼、未開人の成人式などによく用いられる。また、仮面は太陽や天、権威をあらわすもので、生命力のシンボルでもあり、太陽や月の仮面、獅子頭などの形であらわれる。仮面は劇などでは、無個性、民衆の声などの表現にも使われる。⇒ペルソナ

[本:ザ・夢判断 P139]

ペルソナ、表向きの顔で、その裏に真実を隠す。

[本:最新夢辞典 P120]

他人に出会う時の偽りの自己を示すこと。もし必要な場合には自己表現したり、表面を取りつくろったりすることができる潜在能力を表す。例えば、子どもが危険にさらされると、子どもを守るために母親はまるで凶暴なトラのように変身することがあるが、いつもはおとなしく、やさしい姿を見せている。この場合、凶暴なトラは、「自己を偽っている」わけではなく、本来備わっている力を必要に応じて発揮したのである。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

29.月(moon)の夢 本から抜粋

[本:元型と象徴の事典 P322]

月は多くの神話では女性神であるが、文化圏によっては男性とみなされている。月のシンボルは、潮の満ち引き、女性の月経、蛇の脱皮などの自然の循環と関連した力である。変化、死、再生の繰り返しの形式は月のシンボリズムと相関関係にある。月は直接的攻撃性や抑圧を通してよりもむしろ持続性によって直接顕在する。それは石をすり減らす水の力であり、空腹の鷲から逃れるために地へと消えた蛇の再生であり、精神の奥底にある成長力と通じる治癒の力である。

[本:世界シンボル辞典 P258]

太陽と並んで、シンボルとして最も重要な天体である。とりわけ〔みずから光を発するのではなく〕他から光を受けて輝く受動的な天体であり、いわば古代中国でいう「陰」の存在とみなしうることや、月の位相の周期が女性の生理周期と似かよっていることなどから、月はたいてい「女性」と解釈される。また絶えず満ち欠けをくり返しては生れ変わるので、さまざまな「死と再生」の観念を強く印象づけるシンボルにもなっている。

[本:別冊宝島15 夢の本 P34]

月は古代から、女性の生理や、潮の千満とかかわり、地中海沿岸の太母神の象徴とされていた。
満ち欠けする月は人間に時間の観念を与え、インドのカーリー女神は時の神様で、時間をのみこむ恐ろしいイメージを持っている。同様に、ザクレウス、オルペウス、アクタイオン、オシリスなどの男神が手足を切り裂かれたという一連の神話的主題も、月の持つグレート・マザー性や、生と死にかかわる生命の千満と関係がある。太陽は夜と月から生まれたという神話もあり、太陽の母、英雄の生みの親である。
また、月は狂気とも深い関係があるので、夢の内容によってはよく注意すること。しかし、かぐや姫のような美しい処女も月とかかわっているし、中国では、月には不死の薬を盗んで逃げた女性が住むという。いずれにしろ、月は女性的なイメージを持ち、女性の問題と深くかかわっている。

[本:ザ・夢判断 P134]

女性的で母性的なもの。変化、魔術、狂気ともかかわる。月光は無意識の世界を照らす直感。月が満ちるのは妊娠。グレートマザーやアニマを表すことも。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P142]

小さな自我の光をあらわします。太陽が男性的なものなら、月は女性的なものです。夢に月があらわれるときは、女性性に関して考えてみましょう。
月は形が満ち欠けするのでリズムや変化にかかわり、否定的な意味では幻想や不安定をあらわすこともあります。満月の夜に狼男が変身するように、狂気ともかかわっています。

[本:最新夢辞典 P221]

愛やロマンスを表す。無意識的直感を意味する。空想や想像の世界といった人の心の奥にある世界を表す。
月の満ち欠けは潮の千満と関係しているため、私たちの本性の隠された側面、あるいは深い内的な心の動きをも表す。例えば、狂気は感情という潮の千満によって引き起こされると考えることもできる。不思議な謎めいた誘惑や魅力を示す。女性が持っている不思議で、官能的で、圧倒的な魅力を示す。

【月に関する夢とその解釈】

○ bbs772 満月と地震
○ bbs644 月が破壊される

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

30.山(mountain)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P28]

山はお山の大将のように、その上に立ってあたりを支配する自我の確立を意味することもあり、その中のさまざまの問題を含んだ困難を意味することもある。山はまた、地球の中心であり、大地のへそであって、神々が山に降りて託占を行なう場であって、予見や創造性を示すものである。
さらに山は動かないから、どっしりとした重量感を持ち、男性的で、静かな力をあらわす。夢の中の山は、静かな瞑想的生活や、苦行、知的なひらめきなどをあらわし、厳しさや冷たさとかかわる。一般的に、男性性や自我の確立と考えていいだろう。しかし、洞窟やトンネルのある山は、むしろグレート・マザー的で、女性のイメージを持っている。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P138]

山はどっしりとしてびくともしません。男性的なイメージです。山を登っていくことは、困難を乗り越えて自分の意識性をたかめていくことをあらわします。さまざまな自分のテーマを解決し、自我を確立していくことです。山の上のほうに立てば、かなり広い範囲で見渡せるような視点が持てるでしょう。
山はまた、神々が降りる場所でもあります。
山には、険しい山、なだらかな山、低い山、雪をいただいた山、緑の深い山…さまざまな表情の山があります。洞窟やトンネルのある山なら、女性的なイメージです。夢の中の山がどんな山だったかによって、連想を広げてみましょう。

[本:ザ・夢判断 P58]

男性的なもの。自我の確立に関わる。瞑想、ひらめき、厳しさ、困難。

[本:最新夢辞典 P301]

人の生涯において大きな意味を持つ何かを表す。山の上で広い眺望を得るように、人生やある状況でより幅の広い認識に到達すること。平凡なことの上に立つ何か、あるいは日常を超越したものを示す。

[山に関する夢とその解釈]

○ 夢診断19 中庭のシャチホコ
○ 夢診断01 温泉施設の小鳥(bbs04)
○ bbs765 恋人と
○ bbs732 列車
○ bbs718 幽霊と交流
○ bbs706 落ち武者
○ bbs289 恐山

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

31.壺(pot)の夢 本から抜粋

[本:昔話の深層 P259]

彼女の商品であるつぼは女性の象徴として非常に普遍性が高い。彼女は自らの女性性を安売りしなければならない。実際、仕事や学問のこととなるとてきぱきと有能性を発揮する女性が、場所や機会が変わると驚くほど安っぽい女性性をふりまくことを見かけることがときにあるものだ。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P165]

箱:女性性と深くかかわっています。パンドラの箱は、中に罪と悪が入っていて、開けてはならないという箱でした。箱の中には、抑圧したものや、見たくないものが入っているのかもしれません。けれども、その秘密をのぞいてみたいという好奇心はあります。箱をのぞいたときには混乱もあるでしょうが、同時にすばらしいファンタジーをもたらしてくれる可能性もあります。
器:食べ物や水を入れる器は、人間の生命力を盛る入れ物です。ヨーロッパには、キリストの最後の晩餐に使われた「聖なる器」を探すという物語がありますが、これは宝探しのテーマです。自我と無意識を含めた「中心」への旅の末に手に入れるものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

32.雨(rain)の夢 本から抜粋

[本:ユングが教える夢の心理判断 P149]

雨が降ると大地がうるおい、新しい生命が誕生します。再生のプロセスの前兆として夢にあらわれることがよくあります。水は情緒的なエネルギーであり、母性ともかかわっています。ノアの箱舟のように、ときには雨は大洪水を引き起こし、破壊的な力を持つものともなります。けれどもそれもまた、新たな創造の前の大掃除、浄化の意味を持つものです。夢の中で大洪水が起こったなら、今まで築きあげたものは一掃されるかもしれませんが、そのあとに新たな大発展が待っていることでしょう。

[本:ザ・夢判断 P82]

無意識、生命の誕生、救済、男性的な力、官能性。女性にとっては思わぬ男性の出現と誘惑、男性にとっては射精や排泄の意味も。

[夢の中の雨の解釈に参考になるもの]

・旧約聖書の『創世記』(6章-9章)ノアの方舟

[雨に関する夢とその解釈]

○ 夢診断13 クーデター
○ bbs647 水難から逃げる
○ bbs493 桜の道
○ bbs328 悪夢

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

33.虹(rainbow)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P35]

虹は希望、完成の一歩手前、夢の虹は、宝探しの主題ともかかわり、なにか新しいものがあらわれる期待をあらわす。

[本:ザ・夢判断 P111]

希望。完成へのステップ。新しいものへの期待。

[本:最新夢辞典 P288]

もっと良いことが起こりそうな予感を表す。幻覚や錯覚を意味する。困難のまっただ中で人生の美しさとその価値に気づくこと。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

34.指輪(ring)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P69]

連続と完成、全体、誓い、結合などを意味して、結婚や永遠の時をあらわす。尾をかむ蛇であるウロボロス、人生の周期、永遠の創造と破壊をあらわす輪舞。超越的な知恵とひらめき。あらゆるものを支配する魔術的な力、踊るシバ神ナータラージャの作りだす幻影、占星術の一二宮とかかわる。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P115]

指輪は、円形のマンダラのイメージです。結婚や誓い、永遠の象徴でもあります。

[本:ザ・夢判断 P166]

完成、誓い、結合、結婚。恋愛のシンボル。

[本:最新夢辞典 P304]

その人の全体性や本質的な自己を表す。

[指輪に関する夢とその解釈]

○ bbs287 弟と結婚
○ bbs215 指輪を落とす

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

35.川(river)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P31]

<川>川は、別の次元、新しい世界、別の社会との境界線。これを渡る時は危険ではあるが、新しい運命が開けることを意味する。川を下る場合も同様、川をさかのぼる時には、かなりの抵抗を押して、新しいことをやりとげる意味を持つ。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P140]

<川>情緒的な無意識のエネルギーをあらわします。川の向こうには新しい世界、別の世界があります。その世界とこちら側の世界は、分けておいたほうがいいのかもしれませんし、思いきって渡ったときには、新しい人生が開けるのかもしれません。無理をして渡ろうとするとおぼれる危険もあります。
川を上っていくことは、あなたの無意識の源を過去にさかのぼっていくことです。

[本:最新夢辞典 P43]

<川>情緒的な無意識のエネルギーをあらわします。川の向こうには新しい世界、別の世界があります。その世界とこちら側の世界は、分けておいたほうがいいのかもしれませんし、思いきって渡ったときには、新しい人生が開けるのかもしれません。無理をして渡ろうとするとおぼれる危険もあります。
川を上っていくことは、あなたの無意識の源を過去にさかのぼっていくことです。

[本:最新夢辞典 P134]

<川>夢に現れる川のイメージは、夢の意味を理解するうえで重要な手がかりとなる。川は私たちのエネルギー(その流れ)や性的欲望、情緒などを反映する。また、静かに流れている川もあれば、洪水を引き起こす川であったり、干上がっている川など、川の状態によってさまざまな意味を示す。ここでいうエネルギーとは、おもに心のエネルギーのことであり病気を引き起こす不安や、健康を維持する喜びの源流となる力のことである。私たちはまた、川で溺れたり(絶望の淵に沈む)、川面に浮かんだり、その時の感情に流されることもあれば、川を渡ることもある。これは状態の変化や死を意味しているのである。一般に、川は私たちの心とからだの中の流れ、時に私たちがそれに沈むこともある感情を表している。情緒や性的欲望、気分の変化と関連しからだの中の生命の営みを表すこともある。時の流れ、人生、または運命に流される、あるいはさまざまな出来事など、刻々時間によって変化するものを示す。

[川に関する夢とその解釈]

○ 夢診断28 洪水(bbs775)
○ 夢診断22 二匹の大蛇(bbs698)
○ 夢診断13 クーデター
○ bbs868 光るシカと川を渡る
○ bbs784 鳥居と川
○ bbs776 英語圏
○ bbs673 人工呼吸

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

36.海(sea)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P30]

海はあらゆる存在の母胎であり、生命を生み出すグレート・マザーの象徴。
絶え間なく、岸に打ち寄せる波、湧き上がり、入れ替わる内容、ダイナミックな力、形ある物質と空無の間をつなぐものである。
また、海神ポセイドーンの住居で、荒々しい男性の力を示すこともある。あらゆる対立をその中に含み、混沌から生命を生みだすものだが、また、あらゆるものが死んでその中に沈む生命の墓場でもある。竜宮城として、姫のイメージと共に宝探し、アニマともかかわる。嵐の海は無意識の底にある力の出現、静かな海は、瞑想的な無意識の洞察をあらわしている。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P140]

無意識の大きな情緒的エネルギーの象徴です。あらゆる生命はここから生まれここに還っていきます。たくさんの生物を育む母性的なイメージです。けれどもまた、すべてを飲み込んでしまう恐ろしいものでもあります。

[本:ザ・夢判断 P44]

すべての生き物の母体であり墓場でもあるグレートマザーの象徴。嵐の海は無意識の荒々しい力の現れ、静かな海は無意識への誘い。

[本:最新夢辞典 P72]

私たちの心身の活動の根底にある原動力は私たちの意識では推し量れないほど大きなものである。それは時折、何か胸の痛みや心を動揺させるような感情として意識にのぼることもあるが、すぐに消え去ってしまうのである。海面の穏やかさとその海面下に隠れた計り知れない海底の深さという海のイメージは、自己について知っていることはまだ知らない多くの側面に比べればほんの一部にすぎないという私たちの誰もが感じている経験にぴったり合うイメージなのである。それゆえ、私たちの内的世界は、そのほとんどが未知の無限の広がりをもっている広大な海というイメージとして表現される。

[海に関する夢とその解釈]

○ 夢診断33 恐ろしい若い男性
○ 夢診断21 熱々のシチュー
○ 夢診断10 フェリー
○ bbs647 水難から逃げる
○ bbs622 深夜の海辺
○ bbs329 大波

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

37.船(ship)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P63]

船は無意識の広大な大海を渡るものであり、しばしば自我の象徴とされ、小船は人間の身体をあらわす。しかし、船は海岸、至福の島、別の次元へ渡る乗り物であって、幻影や超越を意味することもある。空飛ぶ船は、俗世界を離れて、天界に救済を求める旅であり、キリスト教では、教会が船にたとえられる。また、オデュッセウスの一〇年間に渡る漂流の旅は、海の航海を主題とする一連の神話の代表例で、無意識の誘惑と危険、退行と沈滞などの克服を意味し、出発点に戻る人間の成長の過程をあらわしている。物質的世界への魂の落下と、その救済を意味するネオ・プラトーニズム的な理想への過程でもある。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P175]

海を進む船は、無意識の感情の海を渡る乗り物です。ある男性が「船で陸に上がってきて進んでいた」という夢を見たそうです。彼はたいへん情緒の豊かな人で、情緒性を扱うことが上手なので、りっぱな「船」を持っているのです。ところが、大地という現実を歩く乗り物は持っていません。そこで、とりあえず、自分の持っている船で陸地を走ってしまったのです。なんとか進めたようですが、自分でも不思議がっていました。陸地を進む乗り物も、これから用意するといいでしょう。

[本:ザ・夢判断 P78]

無意識の海を渡る自我の象徴。幻影や超越も意味する。ボートは人間の体。

[本:最新夢辞典 P280]

人生の海を航海すること。

[船に関する夢とその解釈]

○ 夢診断10 フェリー
○ bbs757 旅行
○ bbs105 片思いの人とビル

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

38.蛇(snake)の夢 本から抜粋

[本:ザ・夢判断 P106]

無意識のエネルギー。死と再生のシンボル。性欲。男性、得にペニスを表すことも多いが、大地を這うことから女性的なものも意味する。

[本:最新夢辞典 P263]

ヘビは「毒」と「薬」の両方の役割を併せ持っている。それが、医療職のシンボルとしてヘビが用いられている理由である。エデンの園のヘビはヘブライ語で本能的衝動という意味である。ヘビは、人生の経過の背後にあってそれを動かしている力やエネルギー、つまり成長や死へと導く生命の力を描いている。

[夢の中の蛇の解釈に参考になるもの]

ギリシャ神話「アスクレピオスの杖」
ギリシャのレリーフ「ゼウス・メイリキオス」
スカンジナビアの意思彫り「世界蛇を捕らえるトール」など

[蛇に関する夢とその解釈]

○ 夢診断22 二匹の大蛇
○ 夢診断03 二十匹ほどのカエル
○ bbs943 つがいのヘビ
○ bbs840 蛇が足に巻きつく
○ bbs834 虹色に光る龍
○ bbs691 蛇が
○ bbs254 緑の大蛇

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

39.泉(spring)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P31]

泉は無意識の生命力が溢れでるところで、ルルドの泉のように治癒力を持つ。
魂、女性的なもの、うるおい、やさしさをあらわす。泉の近くには、あし笛を吹く牧神パーンがいて、人間の官能性を育てる。清らかな泉はまた、よろこび、無邪気な童心、処女性のシンボルでもある。

[本:夢の辞典 P133]

生命の泉である水がわき出る泉は、再生や希望のシンボル。豊かにあふれ出る愛情や感受性、また救済や癒しの意味が含まれています。

[本:最新夢辞典 P61]

変わりゆく人生の過程を表している。また、内的なイメージを意識化していくことや、共同生活の喜びを意味する。
泉から水を飲んだり、水浴びをする→ 無意識から生じてくるイメージを意識化する自我のはたらきを表す。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

40.星(star)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P35]

星座は暗黒の無意識の中に、なにかの形があらわれることで、それぞれの星座は神話的な主題をあらわしている。暗闇と戦う力を意味することもある。六角の星形は二つの三角の結合で結婚のシンボル。五角の星は、ブラック・マジックの場合の地獄のシンボルであるという。
タロットの第十七枚目のカードは、裸の少女が水がめから池に水をそそいでいる構図。植物の成長、愛、生命の水、異なるものの統合を示す。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P142]

夜空の中にチラチラと見えてくる星は、無意識の中に輝く意識のかけらです。無意識の闇の世界を旅するとき、星がその方向を導いてくれるでしょう。
また、星座や惑星にはそれぞれの神話やテーマがあります。特定の星座や惑星が夢に出てきたら、その神話や象徴について調べてみるといいでしょう。

[本:ザ・夢判断 P139]

精神的なもの。真理、闇と戦う力。

[本:最新夢辞典 P286]

宇宙について直感的に感じていること。おそらくはっきり気づいていないが、運命ともいうべきある特定の方向へ私たちの人生を導く促進力や動機を表す。星に願い事をするように、私たちの希望あるいは願望を表す。

[星に関する夢とその解釈]

○ bbs704 南十字星と犬座
○ bbs682 たくさんの虹と星

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

41.石・宝石(stone_jewel)の夢 本から抜粋

[本:人間と象徴下巻 P85]

石は自己のイメージとしてよく生じる。(それは、石が完全で―すなわち不変で―永遠であるからである。)
今日、多くの人々はとくに美しい石を探し求める―海岸などで。
ヒンズー教徒のなかには、魔力を持つと信じられる石を、父から子へと伝えるものがいる。
女王エリザベス1世(1558-1603)の宝石のような“高貴な”石は、富と地位との外的なサインである。

[本:世界シンボル辞典 P29]

石は、永続と不変という特徴をもつことから、多くの文化圏で神の力の象徴とみなされる。

[本:別冊宝島15 夢の本 P56]

石はものごとの起源であり、全体の統合、調和、協力、力をあらわす。また、うつろいやすい生物と違って、不動で堅実で永遠の存在である。同時に禁欲的で、拘束的で感情の石化、気分の沈滞でもある。貴石(宝石):精神的な真実、神秘的な力、隠された宝物、英知などをあらわす。

[本:ザ・夢判断 P149]

石:生きているものが石化するのは、それがすでに死んだ記憶であること、または夢見た人の情緒性の欠落を表す。

[同本:P176]

宝石:人格の統合性。神秘的な力。自信、名誉、性欲、愛する人なども表す。

[本:最新夢辞典 P061]

石:心の硬さや感受性の喪失を意味する。不変の意志、永遠の存在、人間の叡知を表す。

[同本:P285]

私たちが持っている貴重なもの、例えば、無意識や財宝などを表す。自己の統合性や全体性を意味する。自己の恒久的な人生の中核となるもののような、自分の性質の中で持続して変らない本質的な部分を示す。

[石に関する夢とその解釈]

○ bbs668 アメジスト
○ bbs216 4つの透明な水晶玉
○ bbs215 指輪
○ bbs113 黒いキレイな石

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

42.太陽(sun)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P237]

昼に輝く星。いうまでもなく、あらゆる天体現象の中でもっとも重要な存在である。太陽を神という概念と結びつける宗教は無数にあり、その場合、太陽神はしばしば「闇を滅ぼす者」を意味する名で呼ばれる。

[本:別冊宝島15 夢の本 P34]

英雄のほまれ、心理学的には自我の象徴。太陽は神々の目であって、すぐれた洞察、意識の輝きを示す。一般に男性原理をあらわすが、日本の始祖は女神で太陽をあらわす天照大神といわれる。これは古代に、シャーマン的な女性の予言者が、神意を告げて国を支配していたことを示すものであろう。
太陽は特に月とかかわっていて、積極的で行動的な男らしさをあらわし、月が受動的で静かな女らしさをあらわすものと考えられている。太陽の色は黄色、金属では黄金とかかわり、錬金術では硫黄であらわされる男性原理の象徴である。太陽が夕方西に沈み、朝になると東からあらわれることは、死と再生をもっとも明白に語るもので、そこから祖霊信仰と関係し、祖霊による守護と救済が太陽であらわされることもある。太陽が沈むと急速に暗くなることは、多くの英雄の悲劇的な末路を思わせる。
太陽はわれわれに光と暖かさをもたらす生命の源泉であって、太陽系宇宙の中心であり、太陽は人と原人とかかわり、その意味では自我を越えるセルフのイメージも持っている。

[本:ザ・夢判断 P41]

意識の光を表す自我の象徴。行動的な男らしさを示し、アニムスやオールドワイズマンを意味することも。日の出と日の入りは死と再生のテーマに関係がある。黒い太陽は無意識に潜る創造性、または狂気や死。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P149]

意識性、明るい創造性をあらわしすべての生命力の源です。積極的で行動的な力です。自我の象徴でもあります。一般的に男性的なエネルギーといわれますが、日本神話では、太陽神は女神の天照大神です。

[太陽に関する夢とその解釈]

○ bbs606 うろこ
○ bbs257 太陽

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

43.雷鳴・稲妻(Thunder)の夢 本から抜粋

[本:世界シンボル辞典 P113]

一般的に、雷は天界の力を印象深くし、かつそれを身をもって実感させるものと考えられている。その力は人間を脅かす一方で、時には悪意をもつ存在から守ってくれることもある。

[本:別冊宝島15 夢の本 P33]

天の火の象徴。積極的で、破壊的で、ダイナミックで、恐ろしい男性的な力のあらわれである。最高の創造的な力のシンボルで、中国では上昇する竜であらわされる。また、天から下るインスピレーションでもある。あらゆるものの始まり、新しい洞察、ひらめき、盛り上がる力、チャンス、目標、神の摂理であり、この夢は未来を変え、新しい世界をつくりだす創造的なものと考えてよいだろう。
ゼウス神は雷鳴と稲妻で悪人を打ち、トール神は、投げても再び手に戻るというブーメラングのような斧を武器に、光ととどろきを支配する。チベットで、宇宙の軸であり、創造を司る金剛は、ダイヤモンドの硬さと、雷光をあらわすという。それはまたインドのシバ神の第三の目で、破壊と創造、宇宙の闇を見通す霊感のシンボルである。
自分が雷に打たれる夢は、かなり大きな変容が近いことを示し、生みの苦悩、自己犠牲、新しい生命の誕生の予感をはらんでいる。

[本:ザ・夢判断 P100]

ダイナミックで破壊的、男性的な創造力、新しい洞察、ひらめき、チャンス。オールドワイズマンの象徴。自分が雷に打たれるのは変容。

[雷鳴に関する夢とその解釈]

○ bbs240 電車と赤い雷
○ bbs165 すごい雷

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

44.電車(train)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P63]

ともに、大きな社会での運命を指し、汽車の脱線は、自分だけの問題である場合もないわけではないが、一般に、事業や社会的地位の危険を意味する。夢の中の駅の情景は、新しい社会への出発、ものごとが進行すること、他人との協力、時間、秩序などと関係がある。

[本:ザ・夢判断 P120]

大きな社会での運命、夢を見た人の内部で力強く前に進もうとするエネルギー。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P175]

陸地を走る乗り物は、現実を渡っていく道具です。バスや電車は集合的な作業、社会的な共同作業などをあらわすので、社会での仕事の側面について考えてみるといいでしょう。バスよりも電車のほうが、より社会的な公共の乗り物です。

[電車に関する夢とその解釈]

○ bbs831 電車のおじさんの名刺
○ bbs732 列車
○ bbs728 レース
○ bbs706 落ち武者
○ bbs322 女性芸能人
○ 無料mail034 地下鉄の外

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

45.樹(tree)の夢 本から抜粋

[本:人間と象徴上巻 P144]

人間はもはや自然のなかに含まれていず、自然現象とのあいだの情動的な“無意識的同一性”を失ってしまったので、宇宙のなかに孤立していると感じる。自然現象は徐々に象徴としての隠れた意味を失っていった。雷はもはや怒れる神の声ではなく、稲光はその復讐の飛び道具ではない。河は河の精を持たず、樹は人間の生命の原理ではなく、ヘビは知恵の具現者ではなく、山の洞窟は化物の住処ではなくなった。もはや石も植物も動物も人間には話しかけてこず、人間のほうも、聞くことができると信じてそれらに話しかけることをしなくなった。人間と自然との触れ合いはなくなってしまったのだ。

[本:世界シンボル辞典 P121]

木は地に根を張り天に枝を伸ばしているので、人間と同じように「2つの世界に属する存在」であり、上-下を結びつける仲介者とされている。多くの古代文明では、特定の木や林苑全体が神々や精霊などの超自然的な存在のすみかとして崇められているだけでなく、木は、その周囲に宇宙全体が秩序づけられた宇宙軸と見られることも多かった。たとえば、北欧神話における宇宙樹ユグドラシルや、ユカタン半島のマヤにおける聖なるカポック(ヤシュチェ)の木などがそうである。

[本:ユング心理学入門 P123]

成長し、伸びてゆく力。

[本:ザ・夢判断 P86]

生命、成長、豊饒のシンボル。男性のたくましい成長力、父親の権威、母親の保護、無意識の生命力を表す。木が根づくのは自由を失うこと、葉が茂りすぎるのは無意識の氾濫。幹や枝の方向に注意。

[樹に関する夢とその解釈]

○ bbs704 南十字星と犬座
○ bbs703 二本立て
○ bbs326 多量の蛇
○ bbs234 大爆発
○ 無料mail034 地下鉄の外
○ 無料mail020 桜並木
○ 無料mail010 廃墟での出来事

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

46.水(water)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P30]

水は形がなく、どこにでも流れ込んで低いところに集まる無意識の象徴で、水の流れは多くの危険をはらんでいるが、同時に生命の源泉である。

[本:世界シンボル辞典 P410]

心理学的には、水は人間の心の深層に潜る無意識の領域の象徴である。また根源的なシンボルの常として両義的性格をもち、活力を与え、豊饒をもたらす一方で、沈降や絶滅を暗示するシンボルともなる。

[本:最新夢辞典 P43]

一般に、赤ん坊の時期に誰もが持つ感情と衝動を表している。例えば、独占欲、喜び、好奇心、無垢(むく)な愛、乳幼児期に受けた心的外傷体験など。また、頼りなさ、傷つきやすさ、責任感がないこと、世話されることを表す。

[本:ザ・夢判断 P86]

無意識、生命の源泉、女性らしさの象徴。

[水に関する夢とその解釈]

○ 夢診断28 洪水
○ 夢診断22 二匹の大蛇(bbs698)
○ bbs784 鳥居と川
○ bbs774 ワニを見ている
○ bbs764 部屋の水と魚
○ bbs646 交通事故と示談
○ bbs632 大洪水と季節はずれの大雪

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

47.風(wind)の夢 本から抜粋

[本:別冊宝島15 夢の本 P29]

風は、激しい空気の動きであって、空気と同様、生命力や精神性を意味するが、夢で風が強く吹く時は、感情の乱れ、エモーションなどをあらわし、情緒性の高まりによる破壊、または創造と考えていい。古い考えが崩れ去って、新しいアイデアや、自己洞察が得られるチャンスでもある。

[本:ユングが教える夢の心理判断 P138]

精神性、霊的なもの、息吹、魂を象徴します。
形がなく、現実的に定着しませんが、火は風がないとおこりませんし、気流がないと飛行機も飛べません。上という方向は、精神の世界の象徴ですが、上昇するためには風が必要なのです。そよ風もあり、台風もありますが、どちらにせよ風が吹けば動き出します。男性的なイメージです。

[本:ザ・夢判断 P78]

感情の動き、変化。強風は感情の破壊力と想像力。

[本:最新夢辞典 P99]

意識や心の動きを表す。私たちを動かす理念や概念を表す。人生における隠れた影響を意味する。

[風が出てくる夢とその解釈]

○ bbs783 風で空を飛ぶ
○ bbs733 アヒル
○ bbs692 共同霊園
○ bbs393 雨漏りのする部屋
○ bbs382 桃色の桜

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

48.魔女(witch)の夢 本から抜粋

[本:昔話の深層 P84]

子どもは生まれてから母の保護を受けて育ってくるが、その間に母との接触を通じて、母なるものの元型についての体験をもつ。つまり、それは子どものすべてを受けいれ、すべてを与えてくれる母の像である。しかし、子どもは成長にともなって、その母なるものの否定的側面―すなわち自立を阻む力―を認識し、それと分離しなければならない。ここに、成長の一段階としての母親殺しの主題が生じる。これが、ヘンゼルとグレーテルの魔女退治なのであるが、もちろん、これは子供の心の内界において行なわれることであって、実際の母親にむけられるものではない。

[本:世界シンボル辞典 P401]

ユング派の深層心理学では、インド神話の黒いカーリー女神や、インドネシアの舞踏劇に登場する魔女ランダなどの魔女像を、「アニマ」(男性が抱く内なる女性像)の暗黒面が、具体的なイメージとしてあらわれたものとみなしている。

[本:最新夢辞典 P288]

魔女は私たちが母親との関係の中で抱く恐れや否定的な感情や習慣などを表している。そのような感情は大人になっても私たち自身の一部になっているので、とりわけ女性の場合、他の人との関係において魔女のような側面がふと顔を出すことがある。また、魔女は復讐心や嫉妬心などを示す。

[夢の中の魔女の解釈に参考になるもの]

・グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」
・グリム童話「いばら姫(眠れる森の美女)」
・イギリスのお話「ガウェイン卿と忌まわしい婦人」など。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

店舗情報

店舗名 夢診断ドリームアイズ(小平ネット)(ゆめしんだん どりーむあいず)
住所 小平市天神町
TEL 09040558215
ホームページ http://www.d-psych.com/
定休日 年中無休