農地の保全と、資源の地域循環をめざします

こだいら菜の花プロジェクト


LINEで送る

この紹介文の画像
10月菜種の種まき

◆◇◆小平の畑を残したい◆◇◆
小平の農地を保全する活動として、花小金井4丁目の畑で菜の花とヒマワリを栽培しています。

10月に菜種を撒き、間引き菜は食べます。
小学校の給食に提供したこともあります。
翌年4月に菜の花が咲いた後は、種を搾り菜種油を採ります。
廃食油を集めて、業者にバイオディーゼル燃料にしてもらいます。
それを燃料としてトラクターで畑を耕うんします。
小平での資源循環活動です。

●これまでの活動●

◆2013年度農水省「農」あるくらしづくり対策 交付金事業◆
小平産菜種油と農産物を使った料理教室開催


~小平の農業を知ろう!農地を守ろう~
菜種油と地場農産物を使った料理づくり

2013年10月5日(土)10:00~12:30 開催済み
 2013年11月30日(土)10:00~12:30 開催済み

場所:国際パティシエ調理師専門学校  参加人数:各30名
<内容>
小平産菜種油と農産物を使用した菓子、料理づくり。
小平産の菜種油と農産物を使った食べるラー油を使いました。

●2012年小平市いきいき協働事業実施
「自然エネルギー活用についての調査・研究事業」

この紹介文の画像
8月ヒマワリ開花

*~*~花を咲かせる~*~*
4月には菜の花、8月にはヒマワリが畑一面に咲きます。
みんなで花を観賞して楽しみます。
畑には、ミツバチも蝶も来ます。

この紹介文の画像
小平産菜種油

♪~食べる♪~
花が終わったら種を取って油をしぼります。
小平産無農薬純正の油です。
一番搾りの菜種油を味わいます。

 ■□■ エネルギーとして使う ■□■
 食べた後の油は、バイオディーゼル燃料として農耕車で使用します。
 油を取ったあとの菜種粕、ヒマワリ粕は肥料として畑に返します。
 刈り取った草を堆肥にして、菜種の鞘、ヒマワリの茎等も畑に返します。
 資源を余すところなく小平の畑で使い切ります。

★☆★ 会員随時募集中です! ★☆★

店舗情報

店舗名 こだいら菜の花プロジェクト(こだいらなのはなぷろじぇくと)
住所 小平市花小金井4丁目の畑 高橋農園
TEL 事務局:田中
042-467-2861
FAX 042-467-2951
Eメール
定休日 定例作業日 木曜日
農閑期は作業はありません。
活動時間 基本的に午前中
*菜の花の収穫期は午後も作業します。
交通アクセス 西武新宿線花小金井駅より徒歩20分
バスもあります。
事務局に問い合わせください。
会の設立経緯 市民が協力して農家と菜の花やヒマワリを栽培し、美しい景観を創りながら農地の保全をめざす、市民・農家・小平市の協働プロジェクトとして2007年に発足しました。
目的 農地の保全や景観維持を目的として活動しています。市民が実践や体験を通して、農業や資源の地域循環について学ぶ場を創造します。
活動の内容 畑で菜の花やヒマワリを栽培し、花を鑑賞したり、食べたり、菜種を搾油して食用し、その廃食油を石けんや軽油代替燃料(バイオディーゼル燃料=BDF)にリサイクルする研究と実践を行います。農家、小平市、農協の協力を得ながら活動を進めます。2007年から活動