電気工事業界を担う若き精鋭たち

東京都電気工事工業組合 青年部会


LINEで送る

新着情報

東京都電気工事工業組合 青年部会とは

この紹介文の画像
岡垣貴志会長

東京都電気工事工業組合青年部会(都工組青年部会)は、東京都電気工事工業組合の各地区本部の青年部会を統括し、会員同志の親睦を深めさまざまな事業等を通じて会員の啓発を行い、会員の所属する事業所及び東京都電気工事工業組合の発展に寄与する事を目指して活動しています。





こんな活動をしています

この紹介文の画像
会議の様子

・会員相互の親睦をはかるための会合の開催
・経営及び技術の向上を図る為の各種講習会、研修会の開催
・経済、政治、社会問題等に対する研究及び意見発表会の開催
・東京都電気工事工業組合の事業への協力

その他にもさまざまな活動をしております。

【活動実績】
・「未来の電気工事士」イベントを都内各地域で開催
・オーム社「電気と工事」編集委員会への編集委員派遣
・第一種及び第二種電気工事士技能試験受験準備講習会での技術指導
・足場の組立等の業務に係る特別教育
・クラウド&モバイルセミナーの開催
・マイナンバー制度についての講習会
・太陽光発電システム研修会
・防火区画貫通処理講習会
・電気工事業全国大会、電気工事技能競技全国大会への参加
・各道府県工組との交流
・東京電材卸業協同組合市場活性委員会との意見交換会への参加
・第一種電気工事士定期講習の実施
・認定電気工事従事者認定講習の実施
・電材メーカー工場見学
その他にも全国設備業IT推進会と提携して行うIT関連研修会、メーカー各社と協力しての研修会等も実施しております。

第32回電気工事業全国大会

この紹介文の画像
全国大会の様子

平成29年11月13日~14日に沖縄県宜野湾市「沖縄コンベンションセンター」において、『第32回電気工事業全国大会』が開催されました。

 都工組青年部会からは岡垣会長をはじめ総勢22名の会員が参加しました。

今回は大会テーマを「ゆいまーるの心を琉球の風に乗せて ・ 輝く未来の電気工事業を創造しよう!
」(「ゆいまーる」とは「相互扶助」)と掲げ、歴史ある琉球でこれからの電気工事業について全国の仲間と共に考え話し合う大変意義のある大会となりました。

『意見交換会』は我々青年部会員が最も楽しみにしているイベントです。
Aテーマ「人材減少を見据えた業界内の人材確保・育成策について」
Bテーマ「AI・IoT等のスマート社会を見据えた組合員への支援制度について組合に期待すること」
Cテーマ「我々が描く電気工事業者としてのありたい姿とは」
以上3テーマに分かれ全国の仲間とテーブルディスカッションを行いました。

翌日には『各工組の優良事業発表』『大会式典』が挙行され、監督官庁をはじめとする大勢のご来賓も含め、総勢1,400名余りの方々が一所に会しました。

我々都工組青年部会も若い力を結集し、今後の電気工事業界を背負ってゆく
自覚と責任を持ち、多くの若い人材がぜひ電気工事をやってみたいと思えるような、また後継者が継ぎたいと思えるような魅力ある業界にしていきたいと思います。

引続き行われた『交流会』も華々しく行われました。

大会参加にあたっては、親会の皆さまに多大なるご支援をいただきました。改めて心より御礼申し上げます。
成果は参加者全員がそれぞれ、日頃の仕事、そして組合活動で生かしてまいります。

次回は、北陸ブロックは石川県金沢市での大会となります。多数の参加を以て臨みたいと思っております!

店舗情報

店舗名 東京都電気工事工業組合 青年部会(とうきょうとでんきこうじこうぎょうくみあい せいねんぶかい)
住所 小平市大沼町1-160-20
TEL 042-342-3077
03-3542-7301
FAX 03-5565-8501
Eメール
ホームページ http://www.tokoso.jp/

新着情報

お知らせ 第17回通常総会を開催

令和元年5月11日(土)午後5時より、東京都中央区築地の電気工事会館におきまして、第17回通常総会が開催されました。

第1号議案 平成30年度事業報告の件
第2号議案 平成30年度会計報告の件
第3号議案 平成31年度事業計画の件
第4号議案 平成31年度会計予算の件
第5号議案 役員改選の件

以上の議案が全て可決決定いたしました。

役員改選では、岡垣貴志会長が再任されました。
都工組青年部会は、岡垣会長の元、引き続きさらなる飛躍を目指してまいります!!

主要役員
会長  岡垣 貴志(再任)
相談役 宮本 圭一郎(再任)
副会長 小林 竜也(再任)
副会長 藪下 将宏(再任)
副会長 沖田  敬(新任)
副会長 塩井 優也(新任)
副会長 小久保伸治(新任)
会計  大久保明彦(再任)
会計  國府田慎司(再任)
監事  形屋 潤志(新任)